【個人目線】他の性と比べてXジェンダーはどう違うのか、どんな悩みをもちやすいのか

多様性をもっている人たち Xジェンダー




 

Xジェンダーとかいうけどさ、他のLGBTとかとどう違うの?

違うとしたら悩みも違ってくるのかな?

 

Xジェンダーはあまり知られていない概念なので、先述のような疑問もあるのかなと思います

特にこの記事にたどり着いた方は以下のような方々かなと考えています

・自分がXジェンダーかもしれないと思っているけど確信がもてない方

・性的マイノリティについて純粋に興味がある方

・Xジェンダー、ないしはXジェンダーっぽい人が身近にいる方

そういった方々へ向けて、Xジェンダーについてなるべくわかりやすく説明していきます

本記事をきっかけにXジェンダーを少しでも身近なものにしてもらえたら嬉しいです!

 

あと一応書いておきますが、このあとのXジェンダーの悩みの説明は自分の意見であってXジェンダーの総意となる意見ではありません

これはマイノリティ全般に言えることでもあります。マイノリティの中でも意見の発信をしている人自体がかなりの少数派なので、あくまでも参考程度にお願いします

ちょっと口うるさくなってしまいましたが、気を取り直していってみましょ!

 

LGBTとXジェンダーはどう違うのか

 

同じ性的マイノリティであっても、区別の仕方では大きく異なるものになります

その代表的な区別の仕方のひとつに、身体的性別、性自認と性的嗜好があります

それぞれに男と女のどちらが入るかで、大まかにLGBTを理解することができるのです

 

LGBTとXジェンダーの違いを見ていくためには、この3つの視点は重要です

ここではその3つの視点を使って、分かりやすいようにざっくりと説明していきますね

 

身体的性別と性自認と性的嗜好

 

身体的性別とは、生物学的な性別のことです。主に性器の有無で判断されます

場合によっては生まれたときに判断された性別、戸籍上での性別とあえて言いかえたり、使いわけたりします

 

性自認とは、自分で自分の性別のことをどう認めているかという視点です

いわば心の性、といわれるものですね

 

性的嗜好とは、自分が性的な欲求を感じる相手の性別は何かという視点です

早い話、どっちの性別の人にムラムラするかってところです

 

この3つの視点を組み合わせて、

異性愛者を身体的性別と性自認が同じで、性的指向が身体と心の性別とは違う性別に向いている人と、ここでは定義しましょうか

身体も心も男性で女性に性的な魅力を感じる人、反対に身体も心も女性で男性に性的な魅力を感じる人が、それに当たります

 

なぜわざわざ定義したかというと、セクシュアルマイノリティという考え自体が異性愛者と比べてどう違っているかというところに焦点を当てたものなので、ひとまず異性愛者を定義してしまったほうが説明がしやすいからなんですよね

 

ここから、さらにセクシュアルマイノリティを細分化していきましょう

 

LGBは性的指向が異性愛者と違う

 

異性愛者の性的指向が身体と心の性別とは違う性別に向いていたのに対して、

LGの性的指向は身体と心の性別と同じ性別に、Bの性的指向は同じ性別と違う性別の両方に向いています

 

なので身体と心の性別、つまり身体的な性別と性自認は同じなんですね

 

Tは身体的性別と性自認が異性愛者と違う

 

Tはいろいろな解釈があって様々に細分化された表現もあります。TS、TG、TV、など

ですがひとまずここでは、身体的性別と性自認が異なる人、として話を進めていきます

 

異性愛者が身体と心の性別が一致していたのに対して、

Tは身体が男で心が女、または身体が女で心が男の人になります

 

なかでも重要なのが、このときの性的指向は問われないことです

ここが他のLGBとの大きな違いとなります

 

LGBとTとでは生きづらさも違ってくる

 

一口にLGBTといったとしても、LGBとTとでは抱えている生きづらさが大きく異なってくるのです

LGBは社会から排斥されるのを恐れて、異性愛者のふりをして過ごすことが代表的な生きづらさです

Tは上記の悩みに加えて、男女分けされることに不快感を覚えることにも生きづらさを感じるのではないでしょうか

 

男女分けされる不快感は、身体的な性別で自分が女か男に分けられてしまったり、自分を女か男に分ける必要に迫られたりするところにあります

たとえば、どちらのトイレに入るかだったり、学校で男女で分けられて行動させられることだったり、履歴書の性別欄にどちらの性別を書くかだったり、心の性別に合わせた格好(特に制服やスーツなど)ができなかったり、と様々です

 

これまでの説明をふまえて、Xジェンダーが他の性とどう違うのか見ていきましょう

 

Xジェンダーは異性愛者、その他LGBTとどう区別されているか

 

実際にXジェンダーを異性愛者と比べたとき、どんな違いが見られるのでしょうか

またXジェンダーの悩みにはどんなものがあるのでしょうか

それらをXジェンダーの概念に触れつつ解説していきます

 

Xジェンダーは性自認の捉え方がほかの性と違う性別

 

Xジェンダーは身体的性別と性自認が常に一致していない性を指します。つまり性自認が男性か女性かではっきりわけることができないんです

Xジェンダーの性自認の仕方は、無性、両性、中性、不定性の4つがあります

私の性自認のに対する感覚は、「男でも女でもない感覚」に近いので無性を自認しています

この4つの違いをXジェンダーの当事者がどう捉えるかは人によってそれぞれで、自分の性自認の状態に対する感覚を言い表すものを選択します

 

なのでXジェンダーは、性的指向がどちらへ向くかは問わないものでもあるんです

性的指向が男性でも、女性でも、はたまた両方であったとしても。性自認が上記の無性、両性、中性、不定性にあてはまる限りはXジェンダーといえます

したがってLGBTのTの中でも、さらに細分化された表現の1つといえば少しはわかりやすいでしょうか

 

Xジェンダーの生きづらさはTの生きづらさと似ている

 

先ほど書いたとおり、XジェンダーはTの中の細分化された表現の1つでもあります

したがってXジェンダーの生きづらさはTの生きづらさと通ずるところが多いです

 

あえてXジェンダーの生きづらさを挙げるとすれば、性別に白黒をつけなければならない場面が困りますね

自分がちょっと抵抗を感じるのは、スーツを着なければならないときです

 

なぜならスーツは女性用と男性用の違いが目で見てはっきりとわかりやすいですよね

いつも男物のスーツを着るとき、自分は不純物0の男100%です、といっているような気になってしまって少し落ち着かないんですよね。だからといって女物を着たいわけでもないんです

(そもそもスーツを自分を表す服装として捉えていること自体が不適切で、メイクをするみたいに自分の印象を操る服装として捉えるべきなのかもしれませんが)

自分のこういうところが無性っぽい気がして、Xジェンダーを自認している節もあるのかもしれませんね

 

Xジェンダーの悩みとしては同じ悩みをもつ人になかなか出会えないことも挙げられる

 

Xジェンダーに限らずほかの性にも言えることですが、同じ悩みをもつ人に出会えないことがあります

この悩みは特に自分の実体験でもあります

 

今でこそLGBTという生き方が普通だという主張がネット上では多く見られます

しかしXジェンダーのような生き方がクローズアップされる機会は、残念ながらあまりありません

なので必然的に比較的メジャーな性的マイノリティを知る機会が増えます

 

そこでLGBTという性的マイノリティにもしっくりこない自分が浮き彫りになってしまったんですよね

そもそもの生き方が違うので当然なのですが、Xジェンダーを知るまではどこに行っても居場所のない感覚をもって生きていたなと思い出します

Xジェンダーを知ってからは、自分の持っているこの感覚は普通の感覚だったんだとわかってかなり救われましたね

 

 

Xジェンダーは性自認が特殊、悩みはトランスジェンダーと似ている

 

まとめ

・Xジェンダーは性自認の考え方がほかの性とは違う

→男性と女性ではなく、無性、両性、中性、不定性を自認する

・悩みとしては身体的性別と性自認が食い違ってしまうことによる社会生活への弊害

→周囲の目や社会のルールを気にすると自分の好きな格好ができない、など

・同じ悩みを共有できる人になかなか巡り合えない

→Xジェンダーという考え方を知らないと、どこへ行っても疎外感を感じてしまう

 

以上を読んでみて、Xジェンダーについていろいろわかっていただけたでしょうか

自分なりに気になった単語などがあればさらに調べてみて、Xジェンダーへの理解を深めていってみてくださいね