「男なのに料理ができてえらいね」と言われる生きづらさ




 

「趣味は料理です」

 

「へぇー、すごいね。男なのにえらいね」

「実家暮らしのときには晩御飯も作っていただなんて。うちの男性陣は何もしないから羨ましい」

「いいなぁ。うちの娘は全然料理できなくって・・・」

 

どうして男で料理が趣味だと、「男なのに」といったほかの男性と比べられるんだろう

どうして男で料理が趣味だと、「うちの娘」といったほかの女性と比べられるんだろう

 

実際だれが料理をしようが関係ないはずだし、性別こそ関係もないはずです

じゃあ男が料理をすることは褒められることなのか?

じゃあ女が料理をしないことは責められることなのか?

 

そんな違和感を突き付けられたのが、就活で面接をおこなったときでした

 

なぜか性別が男で料理が趣味だというと褒められる違和感

 

面接官の方々に「趣味が料理なんてすごいね」と言われるのです。「男なのに」という枕詞付で

 

まぁ面接なのもあって「就活生の緊張を和らげるためにも褒められそうなところは適当にヨイショしておけ!」という心理は面接官の方々にもあったと思います

それでもただの雑談の気持ちで面接官の方々が放った言葉の中に「男なのに」「女なのに」という接頭語が出てくるところに違和感を覚えます

 

実際に料理をして家事を手伝っていることに対して「えらい」と思っているなら、それは男女関係なくえらいはずなのにです

 

こういう違和感って、面接官と自分との間で年齢が離れているから感じてしまうものじゃないの? とも思われるかもしれません

たしかに自分たちの世代は、上の世代と比べて多様性のある生き方というのに親しみがあるといえなくもないでしょう

特にSNSの台頭とともに青春を謳歌した世代でもあるので、いろいろな生き方に触れる機会は多くあったと思います

 

だから世代間で価値観の違いがあるからしょうがない、ということもできます

 

ですが自分は、同世代のなかでも「男なのにすごい」というニュアンスの発言を受けることがあります

ここでは直接「男なのにすごい」と言われるのではなく、「女子力がある」という言葉に換言されるのです

 

男性に女子力があると褒められるという違和感

 

年齢差があると「男なのに料理をするなんてえらい」というふうに言われるのだ、と思いきや同世代でもそうではありません

同世代では「料理ができるなんて女子力あるね」というふうに言われることが多い気がしています

「女子力あるね」は一種の誉め言葉としても使われるのです

 

また女性に対して「(家事ができて、気が利いて…etc)女子力があるね」というよりも男性に対して「女子力があるね」と言う使われ方をしているようでなりません

男なのに女子力がある、という逆説的な表現に面白みがあって使われるように思っています

(あくまでも自分の感覚のなかでの話なので、別のコミュニティでは違った使われ方をしているのかもしれません・・・)

 

ここで覚えてしまう違和感が、女性には女子力がないと減点対象になる(女性が女子力をもっていることは普通)

対して、男性に女子力があると加点対象になる(男性が女子力をもっていないことは普通)という2つの印象についてです

このように性別によって女子力のもつ言葉のニュアンスが変わるように感じます

 

なので「女子力あるね」と褒め方をされるときには(別に女子力をもつのが誰であっても褒められるべきなのになぁ)と思ってしまうのです

 

本当は違和感も何も覚えずに素直に喜びたいだけだったり

 

「男なのに料理をしてえらいね」

「女子力あってうらやましい」

嬉しいったら嬉しいのですが、それは自分とほかの男性、男性である自分と女性をそれぞれ比べたときに「えらい」と言われているにすぎません

なのであまり嬉しがれないというか、どこか素直に喜べない自分がいます

なんだか不当に褒められているようでこそばゆい気がしてしまうんですよね

 

いつか「男なのに」とか誰かと比べるような枕詞なしに、

「すごい! えらい!」

「家族のためにご飯を作るなんて親孝行だね!」

「いいな! 作ってほしい!」

 

(褒められちったガハハ)

 

なんて思える時代が来たらいいな、って思います