【東京都内】労働相談情報センターは利用すべき!相談した感想

労働相談情報センターは親身に対応してくれる!失業保険について相談した感想 失業保険

<script>” title=”<script>


<script>

 

労働相談情報センターはとっても便利です。

東京産業労働局が管轄する相談窓口なのですが、

・利用するまでの流れがよくわからないから、なんとなく使っていない

・相談したい内容はあるんだけど、労働相談情報センターで相談していいかわからない

といった理由で活用していないならもったいないですよ!

 

労働に関することなら無料で何でも相談できるうえ、予約さえとれば面談形式で相談もできます。

もちろん相談員の方は労働関連の法律に精通されている方々。

なので「いま自分が置かれている状況を、法律的な観点でどう対処するのが最善か?」を丁寧に教えてもらえます。

バクテリオファージ
法律の知識を無料で即借りることができると思えば活用しない手はない!

 

実際に私は失業保険に関する相談のために、労働相談情報センターへ行ってきました。

アドバイスもどう行動すべきか? という具体的なレベルまで落とし込んでくださるのでありがたかったです。

親身になってくれたからこそなおさら、心強い存在はないなと思えましたね。

また何か困ったことがあれば頼ろう! と思ってしまうぐらい対応が良かったですね。

 

・実際の利用手続きまでの流れ

・相談してみた感想

これらを順にご説明していきます。

 

スポンサーリンク

予約時間は5分もかからない!不安なら持ち物も聞いておこう

 

相談自体は電話でもできますが、今回は面談での相談の流れを説明します。

では面談の日時と相談内容を決めましょう。

相談内容については、東京都労働相談情報センターのホームページに相談できる内容が書かれています。

賃金や労働時間等の相談に応じています。こんなときはご相談ください。

  • 解雇されそうなとき。解雇されたとき。
  • 賃金、残業手当を支払ってくれないとき。
  • 就業規則、賃金規程をつくりたい。
  • セクシュアル・ハラスメントにあった。
  • 労働組合活動について
  • パートタイム労働者の雇用管理について
  • その他、労働問題全般について

引用:東京都労働相談情報センター『トラブルを解決したい方 労働相談・あっせん』

 

一見すると「在職中の方向けの相談がメイン」という気がしてしまいますよね。

『その他、労働問題全般について』と書かれていますが、本当になんでも相談できるのでしょうか。

バクテリオファージ
退職済みの人からの、ましてや失業保険に関する相談ってできるのかな・・・?

そこらへんも含めて、電話で問い合わせつつ面談の予約もしてみました。

 

バクテリオファージ
面談の予約でお電話いたしました。
職員さん
わかりました。ご用件をお伺いしてもよろしいでしょうか。
バクテリオファージ
失業保険についてです。すでに退職しているのですがご相談できますでしょうか?
職員さん
はい、大丈夫ですよ。

 

よかった! 問題なく相談できそうですね。

相談内容は本当に「労働に関わるもの」であればなんでも大丈夫みたいです。

不安であれば上記の会話のように聞いてしまいましょう。

 

職員さん
いつお越しになられますか?
バクテリオファージ
いつでも大丈夫です。そちらは直近だといつが空いていますか?
職員さん
でしたら明日の15:00から空いていますよ。
バクテリオファージ
ではそこでお願いいたします!
職員さん
では予約時間に受付で、「予約の○○です」とお伝えくだされば大丈夫です。

そのあとは場所と道順の確認を軽くして、電話はおしまい。

特別必要になる持ち物はありませんが、相談内容によって必要になりそうなものは持っていきましょう。

 

私は失業保険の相談だったので、給与明細や就労規則、ハローワークの書類などを持っていきましたね。

実際にこれらを使ったので、不安であれば予約の段階で持っていくべきものを聞いておくのがよいかもしれません。

ここまでの会話で3分だったので、ほんのちょっとした隙間時間でも十分予約できちゃいますよ。

 

あとは当日に受付へ向かうだけです。

・・・が気を付けてほしいことがあります。

入口を通ると鳴るインターフォンが設置されてて、労働相談情報センターの事務所に入った瞬間に「ぴんぽーん」と爆音で鳴ってビビり散らしましたね。

デスクワークしてる数十人が一斉にこっちを見てて、頭真っ白になりました。笑

私が行ったところだけかもしれませんが、驚いて挙動不審にならないよう気を付けてくださいね。

 

「結局なにをすればいいの?」というところまで答えてくれる丁寧さ

 

面談が始めると会社名などを聞かれます。

「もし差し支えなければ」といってもらえるので、言いたくないなら言わない選択もできます。

言ったとしても会社名や相談内容は秘密にしてもらえるので安心ですね。

 

実際に面談をした感想としては、丁寧で親身な対応で本当に助かりました。

・相談した内容に関連する法律の解釈の仕方を教わることができる

・「じゃあ何をしたらいいんだろう?」という行動レベルまで指導してもらえる

 

なので「相談するにはしたけど行動に移せなくて途方にくれちゃう」なんてことにはなりません。

ただ納得のいくまで相談は続くので、面談後の予定が詰まっている方はあらかじめ伝えておきましょう。

 

失業保険について相談したときには、「これがダメだったら次はこれを試してみてね」と次に取るべき行動を3つも用意してもらえました。

何度も労働相談情報センターを利用しないで済むように、伝えられることはその場で全部教えてもらえてよかったです。

なので教わった通りに行動してうまくいかなかったときにも心強かったですね。

 

具体的な相談内容と、そのときの相談員の方の対応について

 

具体的に何を教わりにいったかというと、離職理由を会社都合に変更できる条件についてです。

離職理由を会社都合にできる手段の1つとして、「退職前の6ヶ月間に連続する3ヶ月の残業時間が45時間以上であること」というのがあります。

自分はそれに該当していると思ったのですが、実際にハローワークで審査してもらったところ差し戻されてしまいました。

その理由が納得できなかったので労働相談情報センターへ相談してみた、という経緯です。

 

 

審査を差し戻された流れを説明したところ、法的な立場から「本当に離職理由が会社都合にならないのか」を確認していただくことに。

するとハローワークの差し戻しの判断自体が間違っているのではないか、という可能性がわかりました。

つまり私の勤怠実績だと離職理由を会社都合に変えられるかもしれないのです。

バクテリオファージ
泣き寝入りしないで相談してよかった!

 

ですがまだ可能性でしかないので、確実に手続きを通すためにサービス残業をした事実も利用しよう、と複数の代替案を作ってもらえました。

こればっかりは職員さんのヒアリング力の賜物ですね・・・本当に感謝しかないです。

 

今後やるべき行動とその注意点も合わせて、以下の3つを教わることができました。

・ハローワークを管轄する東京労働局に、ハローワークの判断が正しいかどうかの問い合わせをすること

→ハローワークに審査を差し戻された経緯、労働相談情報センターで教わった法律の解釈も合わせて説明する

 

・元の会社にサービス残業をさせた実績を認めてもらえないか確認すること

→そのときは未払い賃金を請求をしないことを第一に伝えてから、生活のために認めてもらえないかの打診をする

 

・もし会社が実績を認めないようなら、ハローワークから元の会社へ勤怠記録の提出をするよう掛け合ってもらうようにすること

 

このように「何をすればいいか?」にあわせて「どう立ち回れば狙った結果をもらえるか?」まで教えてくださりました。

バクテリオファージ
そういう駆け引きはあまり得意じゃないから助かりますね。

この面談が終わったあともわかったことがあれば随時連絡してくださったので、とってもありがたかったです。

 

スポンサーリンク

まとめ:無料でいいのか不安になるぐらいに親身に相談してもらえておすすめ

 

まとめ

労働相談情報センターでは・・・

・労働全般の相談を無料で受けられる

・持ち物は特に必要ではないが、不安なら電話で聞いておく

・「何をするべきか」の具体的な行動を教えてもらえる

→言葉遣いといった「立ち回り方」も指導してもらえる

・丁寧なヒアリングによって打開策を広げてもらえる

 

本当に利用しない手はないんじゃないか、ってぐらいの手厚さです。

何かあればまた相談したい! って思っちゃいましたね。

もう職員の方々のファンになりつつあるレベルです。

そういう公共の機関があるからこそ、ブラック企業に当たっても「1人で戦わなくていいんだ」と安堵にも似た気持ちを覚えられました。

 

もしみなさんも労働にまつわる不安なこと、理不尽なことなどがあれば真っ先に相談してみてはいかがでしょうか。