3ヶ月残業45時間以上だったのに会社都合退職にできず揉めた話

残業45時間以上だったのに会社都合退職に変える証拠が足りなくて揉めた話 失業保険

<script>” title=”<script>


<script>

 

残業がきつすぎるから転職先は決まっていないけど退職したい、と思ってはいないでしょうか。

もし在職中に残業時間が45時間以上を超える月があったなら、ハローワークで退職理由を会社都合にしてもらえるかもしれません。

 

辞めた理由が会社都合になると3つのメリットがあります。

・失業手当を3ヶ月待たずにもらうことができる

・雇用保険の加入期間によっては失業手当の給付日数が伸びる

・国民健康保険料を約7割免除してもらうことができる

バクテリオファージ
会社都合退職だと金銭面でとっても楽になれる!

 

退職後はとりあえずゆっくりしたい・・・と思ってもお金がなければ休むに休めません。

どうせ退職するなら早く収入が増え、支出も格段に減らせる会社都合退職のほうがいいですよね。

 

ですが会社都合退職になる条件に当てはまったとしても、証拠が足りないせいで会社都合にならないこともあるのです。

なので給与明細や勤怠の実績がわかるものを手元に残してから退職してください。

かくいう私もかなり残業していたのですが、会社都合にできない、とハローワーク側にいわれてしまいました・・・

結果的には会社都合退職に認めてもらえたので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 

・どんなとき残業時間を理由に会社都合退職できるのか

・なぜハローワークに会社都合退職と認めてもらえなかったのか

・自己都合から会社都合の退職に変更するために必要な証明書類はなにか

以上を順に解説していきます。

 

スポンサーリンク

ある一定の残業時間が何ヶ月続いたかで会社都合にできるかは判断される

 

残業時間によって会社都合退職として認めてもらえるケースは以下の3つ。情報元はハローワークです。

2. 「解雇」等により離職した者

———–中略———–

(5) 離職の直前6か月間のうちに

[1]いずれか連続する3か月で45時間、

[2]いずれか1か月で100時間、

又は[3]いずれか連続する2か月以上の期間の時間外労働を平均して1か月で80時間を超える時間外労働が行われたため離職した者。

引用:特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要

 

これらの条件に当てはまりハローワークが超過残業あった事実を認めた場合に、会社都合退職として失業手当を受けられます。

 

たとえば架空の状況を使って、退職日が9/30のAさんの直近6ヶ月の残業時間を考えてみましょう。

離職する直前6ヶ月までが対象になるので、3月を省いた4月~9月までの残業時間を見ないといけません。

 3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月
残業時間(h)       85       80       43       56       48       60       20

 

Aさんは6月、7月、8月と3ヶ月連続で45時間以上の残業をしているため、会社都合退職と認めてもらえます。

 

続いて7月~9月の残業時間を変えたケースを見てみましょう。

 3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月
残業時間(h)       85       80       43       56       44       90      81

 

Aさんは45時間をこえる残業を6ヶ月の間に4回もしていますよね。

ですが「3ヶ月連続」という条件から外れるので自己都合退職となってしまいます。

 

8月、9月は2ヶ月連続で月平均80時間を超える残業をしているので、会社都合退職になります。

 

最後は6月の残業時間を100時間にしたケース。

 3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月
残業時間(h)       85       80       43     100       44       90       81

 

この場合はもちろん4月から9月までの間のひと月で100時間の残業をしていれば会社都合退職として申請できます。

 

ですが「残業時間が55時間だった」からといって、ハローワークにそのまま55時間を残業時間にカウントしてもらえない場合も。

そんな特殊な例によって、私は自己都合退職から会社都合退職に変更できなかったのです。

 

2月の勤務時間の計算は特殊?会社都合退職が認められないケース

 

私は会社都合退職を認めてもらえませんでした。

3ヶ月連続で45時間以上の残業をしていて、給与明細上でも残業時間は45時間を超えていたのですが駄目だったのです。

原因は私たちの残業時間の捉え方と、ハローワーク側の残業時間の捉え方が違ったことにありました。

 

実際のケースとともに説明します。

私は1月、2月、3月に45時間以上残業していたので、この3ヶ月間の給与明細をハローワークへ提出しました。

 

しかしハローワーク側から伝えられたのは、2月といった出勤日数が20日を下回る月だと表示上の残業時間より少なくカウントされるとのこと。

よってハローワーク側が下した判断は、『2月は45時間以上の残業が認められないので自己都合退職』だったのです。

ですが2月の給与明細の残業時間には、残業時間40時間・法定外休出時間15時間の計55時間と書かれています。

なら残業時間45時間以上に当てはまるはずなのに・・・。

 

ではなぜこんなことが起きてしまうのでしょうか。ハローワークの方の説明を見てみましょう。

そもそもハローワーク側では1ヶ月で173時間を超えたぶんを残業時間にカウントする計算をしています。

なので私の残業時間では会社都合退職の条件に満たない、とのことです。

 

この173時間とは『1年単位の変形労働時間制』という勤務条件で働いたときの1ヶ月の労働時間の限度のことを指します。

173時間の計算方法・・・365日/7日*40時間/12≒173時間
つまり1年間を52週と見立てて、週の労働時間を40時間で計算したときの月平均労働時間のこと。
参考資料

↓『1年単位の変形労働時間制』の条項です。
電子政府の総合窓口e-Gov 労働基準法 第三十二条の四

 

具体的に整理しますね。

2019年の2月は平日の出勤日数が19日で勤務時間は19日*8時間の152時間になります。

この考え方は私たちになじみのある『1日8時間、週40時間以上働いたら残業になる』固定時間制の考え方ですよね。

始業時間と終業時間、休憩時間が就業規則に書かれていて、それに則って働く制度ですね。

2019年2月の私の労働時間は207時間であるため、残業時間は152時間を超過して働いた55時間になります。

 

では『1年単位の変形労働時間制』において2月の私の残業時間はどうなるでしょうか。

『1年単位の変形労働時間制』の考え方では、173時間以内の労働は残業に含むことができません。

としたとき、私の2月の残業時間は207時間-173時間=34時間になってしまうのです。

よって45時間以上の残業ではないといえるので、会社都合退職の条件にはならないんですね。

バクテリオファージ
さすがに悲しすぎる・・・。

 

こうしたケースは平日に祝日が多いと出勤日数が20日に満たない可能性のある、1月・5月・9月・12月も同様だといいます。

 

あわせて読みたい

↓私のケースと似た事例です。理解の助けになるかと思います。
労働時間について、生じやすい誤解(前編)

労働時間について、生じやすい誤解(後編)

 

不満は残りますが、このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

担当者や立場によって意見が割れたら、不服申し立てをしてみよう

 

でもちょっと待ってください。

私たちとハローワークの主張が食い違った原因は残業時間の捉え方の違いです。

つまり残業時間を固定時間制で考えるか、1年単位の変形労働時間制で考えるかの違いですよね。

 

なら残業時間の計算方法は、退職前の会社の労働時間制度を参考にするべきではないのでしょうか・・・?

1年単位の変形労働時間制で働いていたわけでもないのに、固定時間制での残業時間の計算が間違ってるの? 本当に???

かくいう私も固定時間制で働いていたので、納得できませんでした。

 

とはいってもハローワーク側は退職理由を会社都合にできない、という決断を下したので交渉の余地はありません。

なのでハローワークの雇用保険に関する窓口を管轄する組織、東京労働局の雇用保険課に問い合わせてみました。

 

バクテリオファージ
(電話口にて事の経緯を説明)
職員さん
どんな理由であれ、45時間を超えてれば大丈夫ですよ。
バクテリオファージ
大丈夫なんですか?!
職員さん
うーん、なんでダメなんでしょうね・・・。ハローワークに不服申し立てはしましたか?
バクテリオファージ
いえ、していないです
職員さん
でしたらしてみてください。離職理由を会社都合に変更できる可能性があるので。
バクテリオファージ
わかりました、お願いしてみます!

 

不服申し立てとは、ハローワークの決断が本当に正しいのかどうかを雇用保険審査官に判断してもらう制度です。

ハローワークの上の組織が「不服申し立てしてみれば」というのなら、きっと大丈夫なのでしょう!

そのあとはハローワークへ向かって、不服申し立てをするための書類を書いて提出しました。5分もかからなかったです。

 

と、ハローワークに不服申し立てをしたところで3ヶ月の待期期間を迎えてしまいました。

もし結果が会社都合に変更できたしても、3ヶ月後の面談のときでないと手続きは進められないそうです・・・。

というところで、私はまだ結果待ちです。

 

無事、会社都合退職として処理されました!

ついでに待期期間を待たずに失業保険を受け取れるようリスケもしてもらえて、すぐに失業保険をもらえちゃいましたね。

 

このようにハローワークでは窓口の担当職員の考え方によって、会社都合退職にするかどうかの判断も異なることがわかります。

もしハローワークでダメだったら総合労働相談コーナーを利用する、など第3者の意見を聞きに行くようにしてみてください。

せっかく国が解放している無料の機関です。利用しない手はありません。

労働相談センターとは?
東京都産業労働局の出先機関のことで、労働に関する相談が無料でできるところです。

ハリネズミ
セカンドオピニオンと同じ要領ですね。

 

以上から『残業時間が会社都合退職の条件を満たしていても自己都合退職と処理されるのは、私の管轄のハローワークによる判断に過ぎない』というだけでした。

 

ですがあなたの管轄のハローワークでも、同じ判断を下される可能性は捨てきれません。

どんな書類がそろっていれば、ハローワーク側も会社都合退職だと判断しやすいのでしょうか。

 

必要な証明書類は就業規則と、給与明細やタイムカードの実績など

 

就業規則は会社の労働制度を伝えるのに役立ちます。

自分の残業時間は固定時間制のものか、1年単位の変形労働時間制のものか、といった具合に。

なければないで、ハローワーク側に会社へ労働制度を問い合わせてもらうよう伝えましょう。

 

続いて残業時間を証明する書類について。

ハローワークで離職理由を変更するには、退職前の6ヶ月間の残業時間の記録がわかるものが必要になります

以下の2つを用意できればハローワーク側も事実確認がしやすくておすすめです。

・残業時間が何時間か書かれている給与明細

・いつタイムカードを切っていたか、などの勤怠状況がわかるもの

 

勤怠の実績がわかる証明書がない、もしくはもらえないこともあります。

その場合について労働相談情報センターに問い合わせたところ、以下の3つでも大丈夫だそうです。

・メールの送受信記録

・業務日報の提出時刻の記録

・PCの起動からシャットダウンまでの時間の記録(業務で自分だけが使うPCをもっていた場合)

これらは退勤後に業務を行っていたこと、会社にいたことの証明にできます。

 

以上のような勤怠の実績が客観的にわかる証拠をハローワークに提出しないと、ハローワーク側も会社都合退職に認めることができません。

まだ在職しているならかき集めてください。

会社に書類を発行してもらえなさそうなら、出退勤時刻がわかるものを自分で印刷したり、スクショしたりして確保しておきましょう。

サービス残業していた時間もわかる証拠だと、残業時間に加えて計算してもらえるので会社都合退職に変えるのに有利になりますよ。

 

退職後に書類を集めるのは大変かもしれない

 

問題は退職したあとに書類をそろえるとき。

理由は退職後に元いた会社から書類をもらえるか微妙だからです。

給与明細ぐらいならもらえるかもしれません。

ですがサービス残業の実態が判明しそうな書類だと「未払いの残業代を申請するために使われるんじゃ・・・?」と勘繰られて発行をしぶられる可能性が高いです。

 

私も勤怠の実績表をもらえますか、と問い合わせたら「出来かねます。そういった書類はありません。」といわれてしまいました。

バクテリオファージ
本当にそうなのかなぁ?
ハリネズミ
会社側も一度した決定は覆せないから慎重になるよね・・・

一度認めた前例を作ってしまうと、すでに退職した人たちから文句を言われたときの始末が大変ですからね・・・悲しい。

 

どうしても元いた会社から書類をもらいたいなら、うまく交渉してみてください。

・未払いのサービス残業代をめぐって争うために書類を使うわけではないこと

・会社都合退職で処理してもらえるかどうかに生活がかかっていること

 

『会社の不利になるようには使わない理由があって、しかも緊急性がある』内容を盛り込みつつ、人事担当者と連絡をしてみるのがよいでしょう。

会社と自分、双方にメリットがあるところがポイントですね。

 

スポンサーリンク

まとめ:揃えられる書類は万全に整えてからハロワへ行こう

 

まとめ

・自分が会社都合退職できそうかわかったら、必要な書類をあつめよう
→特に勤怠情報がわかるものを。わかるならなんでもよい

・退職後に揃えようとすると難しいので、在職中にこっそりあつめよう
→給与明細、タイムカードの実績ののった勤怠情報、メールの送受信履歴など

・ハローワークの担当の方に会社都合退職が認めてもらえなかったら、不服申し立てをしよう
→そのときは第三者からの意見をもらっておいて、それを不服申し立ての理由にしよう

 

あなたもハローワークから『1年単位の変形労働時間制』で考えると残業時間が足らない・・・といわれるかもしれません。

そのときは「退職した会社の労働制度は固定時間制だったのですが」といってみてください。

反論できなければハローワーク側の決定に流されるしかありません。

私は無知だったので、反論らしい反論もできませんでした。

どうかそうはならなければいいなと。

 

より良い新生活を切れるように応援してます!

 

▼ 失業保険受給中は単発バイトがおすすめ ▼

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

話し合う前が勝負!上司に退職日を先延ばしさせない4つの準備

話し合う前が勝負!上司に退職日を先延ばしさせない4つの準備

2019年9月17日
失業保険の給付制限期間のアルバイト条件とは?おすすめバイトは短期・単発

失業保険の給付制限期間のアルバイト条件!おすすめは単発バイト

2019年8月31日

 

実は残業時間で会社都合退職できないかの打診をするまえに、病気を理由に退職理由を変更できないか? で手続きをしていました。

結局ダメだったので本記事のような手続きをしたのですが、よければこちらもどうぞ。

【うつ病】体調不良を理由に会社都合退職へ変えるハロワ手続きの流れ

2019年8月5日
通院歴が甘いと厳しい!就労可否証明書を病院で書いてもらえなかった話

通院歴が甘くて就労可否証明書を病院で書いてもらえなかった話

2019年8月28日