会社都合退職にするための就労可否証明書を病院で書いてもらえなかった体験談

私の場合の病気の診断例 失業保険




 

病気が原因での退職なら、離職票の退職理由が自己都合であっても会社都合に変更してもらえることがあります。

ですが実際に通院歴があって病気の治療をしていたとしても、会社都合にならないこともあるんです。

たとえ離職前に病気の診断書を発行していたとしても

実際に私は、離職理由を会社都合に変更できませんでした・・・

 

私は過労や人間関係のストレスが原因でうつになって退職しました。

そこでハローワークで退職した経緯を説明し、実際に会社都合退職に変更する手続きも進めていたのです。

バクテリオファージ
病気が原因での退職だったってどう証明すればいいの?
職員さん
『就労可否証明書』が必要です。

ハローワーク側が病気が原因の退職だったと客観的に判断するために、就労可否証明書が必要になります。

 

この就労可否証明書は、

・退職時点で病気が原因で就労できる状態になかったこと

・現在は病気が完治して働ける状態にあること

以上を証明するための書類です。

それを判断して記入するのは主治医。

 

主治医から「確かにあのときは働ける状態じゃなかったね。でも今は治って大丈夫!」という太鼓判をしてもらえて初めて、会社都合に変更する手続きが進められるんですね。

なので通っていた病院に行ってみたのですが、残念ながら就労可否証明書を書いてもらうことができませんでした。

 

理由としては「定期的な通院をされていなかったので証明書を書くことが難しい」、とのこと。

結局病気が原因での退職理由の変更はできなかったのです・・・

 

今回は証明書を書いてもらうためにどうすればよかったか、をご紹介します。

 

スポンサーリンク

原因:退職日前後の通院ができていなかった

 

実際に就労可否証明書をもって病院に行ってみたところ、科に在籍している相談員の方に呼ばれました。

相談員さん
ごめんなさい。就労可否証明書を書くのは難しいです。
バクテリオファージ
ど、どういうことですか?
相談員さん
通院歴が足りないので、病気の経過がわからないからです。

 

ここで、就労可否証明書を書けるときと書けないときの線引きの仕方を整理しましょう。

 

まず就労可否証明書とは退職日に就労が困難であったことと、現在は働ける状態であることを証明するもの。

退職日を挟むように定期的に通院していないと証明できないとのことでした。

つまり退職前に病気の診断書をもらうだけでは就労可否証明書を書けないのです。

言われてみれば当たり前のことですよね。つまり自分にすべての原因があったのです。

では理想の通院例とはどういったものになるでしょうか。

・退職日を挟むように通院、治療をする

・その後に病状が改善したことを主治医と確認する

これらのステップを踏めば確実に就労可否証明書は書いてもらえますね。

要は、きちんと治療に向き合っていれば問題はないということです。

 

私は私で治療に向き合わずうつを名乗る「ファッションうつ」だったかといえばそうではありません。

実は退職日を過ぎたあと、気が緩みから一気に体調を崩してしまってしばらく引きこもっていました。

主治医のいる病院は地元にだったので、なかなか通院できず過ごすハメに・・・

そうこうしているうちにかなり病状が良くなっていった次第です。

 

バクテリオファージ
私にとっては人との関わりを断つことが一番の薬だったようです。

なので個人的には退職日後の通院歴が甘くなってしまったのも仕方がなかったなという気持ちもありますね。

 

まぁ安易にお医者さんが就労可否証明書を書けないのもわかるんです。

最悪、雇用保険の不正受給に加担したとしてお医者さんが罪人にジョブチェンジしかねないので。

慎重になるのももっともだなぁという気もします。

 

まとめ:多少無理にでも定期的な通院を心がけよう

 

まとめ

病気での会社都合退職を狙うなら・・・

・退職日を挟むように通院する

・働ける状態=病気が完治したらハローワークに行く

→就労可否証明書をもらって主治医に書いてもらう

 

結果的に自分は病気が原因での退職を認めてもらうことができませんでした。

自分のようなケースはなかなかないと思いますし、定期的な通院ができていればたいした問題ではないはずです。

自分と同じように病院が遠くて通院が難しいのであれば、紹介状を書いてもらって転院することもできるので主治医の先生と相談してみるといいかもしれません。

 

病院に行くこと自体が辛いこともあるでしょうし、今が苦しすぎて未来のことを考えられないこともあるでしょう。

ですが将来のため、と思って今できることをやってみてくださいね。