履歴書・職務経歴書の添削で求職実績になる?ハローワーク若者相談コーナー

店内で電話をかけている人 失業保険




 

どうせ失業保険をもらいつつ転職するなら、少しでも求職実績を稼ぎたいですよね。

なかでも履歴書・職務経歴書の添削で求職実績を作るのがおすすめです。

 

なぜなら就職サービスでの添削と遜色のないぐらいしっかり添削してもらえたから。

それに転職サービスだと添削が終わったあと「じゃあ応募してみましょう!」と、本当に応募されて選考が進んでしまいます。

 

でも企業への応募も求職実績に数えさせたいときには、次の認定日以降に応募したいときもありますよね。

そんな下心があるとき、ハローワークだと履歴書・職務経歴書の添削が終わったらそのまま帰ることもできちゃうんです。

今回は履歴書・職務経歴書の添削を行ってもらえる、『若者相談コーナー』についての利用方法とその流れをご紹介します!

 

若者相談コーナーはハローワークによって名称と対象年齢が異なることがあります。
新卒・既卒者向けの学卒コーナー
35歳未満向けのヤングコーナー、若者支援窓口、など。
ご自身の管轄のハローワークの若年層対象窓口と置き換えてご覧ください。

 

スポンサーリンク

ハローワークカードを用意して電話で予約しよう

 

若者相談コーナーは35歳未満の人なら利用できる職業相談メニューの1つです。

なので職業相談の予約を入れるときと同じように日時の予約をします。

 

ですがハローワークによっては予約を受け付けている時間が限られているかもしれません。

管轄のハローワークのホームページを参考に予約電話をしましょう。

このときハローワーク番号がわかる、ハローワークカードなどを手元に用意しておくと手続きがスムーズです。

 

バクテリオファージ
若者相談コーナーの予約でお電話しました
職員さん
わかりました。お名前とハローワークカードに記載されている求職番号をお願いします。
バクテリオファージ
××です。求職番号は○○○○○-△△△△△△△です。
職員さん
ではご用件、希望日時をお聞きしてもよろしいでしょうか
バクテリオファージ
用件は履歴書・職務経歴書の添削で、○日の△時でお願いします。
職員さん
では当日は時間になりましたら、総合受付にお越しください。
職員さん
その際は受付でお名前と「若者相談コーナーの予約で来ました」という旨をお伝えください。

 

たいした内容もなく電話の時間もかからないので、サクッと連絡しちゃいましょう。

 

持ち物は3つ!用意したら受付へ

 

当日は忘れ物のないようにしましょう。持ち物は3つです。

 

持ち物

・応募書類(履歴書、職務経歴書)

・雇用保険受給資格者証

→求職実績を証明するハンコをもらうため

・ハローワークカード

→受付で身元確認に使用するため

 

用意したら指定日時に受付へ行けば職業相談を受けられます。

最初に添削してもらいたいポイントを伝えておくと無駄がありません。

 

・異業種への転職なので、こじつけのような志望動機になってないか不安

・自己PRに使えるエピソードがいくつかあって、どれが一番印象がいいか教えてもらいたい

・業務内容が相手に伝わる内容か悩みすぎて、もはや自分じゃ判断できなくなっちゃった

 

など、あらかじめ見てもらうところを絞っておきましょう。

かなり丁寧に添削してもらえたうえに、結局応募書類ぜんぶの添削をしてもらえちゃいました。

特に時間も決めず気の済むまで質問できて、就職サービスより時間をかけて添削してもらえましたね。

終わったあとも20分ぐらい雑談できて、コミュニケーションのリハビリになりました 笑

バクテリオファージ
仕事辞めると話す機会がめっきり減るからありがたい!

 

やっぱり就職サービスは会社に求職者を紹介する商売でもあるので、後が詰まっていると満足のいく添削が受けられないこともあります。

こう考えてみると誰でも何度でも添削の申し込みができて、じっくり添削を見てもらえるサービスなんてハローワークぐらいのものなので助かりますね。

もし就職サービスの添削のほうに信頼を感じる方は、ハローワークでざっくり修正してもらってから就職サービスでブラッシュアップする、というハイブリットな使い方もいいと思います。

 

スポンサーリンク

無料・簡単・求職実績もつくので利用しない手はない

 

まとめ

・かなり面倒見の良い履歴書、職務経歴書の添削を受けられる

・求職実績もつくうえに企業への応募も急かされない

・電話予約をするときは求職番号がわかるものを用意する

・当日は持ち物3つを忘れないようにする

→応募書類、雇用保険受給資格者証、ハローワークカード

 

正直、添削を受ける前は「ちゃんと見てもらえるかな?」と不安でした。

ですがハローワークで添削の相談に乗り続けてきた、いわゆるベテランの方が相談員になってくださったので心強かったですね。

もし1回添削を受けてみて相性が合わないなと思ったら、次回は別の相談員の方に添削してもらえるよう予約時にお願いしてみましょう。

 

それに履歴書・職務経歴書を仕上げていると「転職活動をしている感」が味わえます。

「転職活動をするつもりはないけれど、いたずらに時間が過ぎていくことに焦りを感じる」という方に試してもらいたいです。

検索機の使い方を教えてもらうなど、あまり実益のないような求職実績の稼ぎ方をするより精神的にも良いのでぜひ。