お金で仕事を選ぶときに気を付けたい就業規則・福利厚生




 

就職しようにもやりたいことが見つからない。でも働かなきゃ、でも何をしよう・・・

 

もうね、痛いほどわかります。その気持ち

世間では「やりたいことを軸に就活しよう」とか、自分の好奇心といった純粋な気持ちを大切にしようという風潮がありますよね

そのなかで「やりたいことがない」というのは、時代の流れに取り残されている感覚がしてとても不安になりますよね。なぜ自分だけ見つからないんだろう、と

 

だからといって無理やりに「やりたいこと」を探すことほど苦しいものもありません

だったらせっかくなので、やりたいことができるまでお金を貯める方向へシフトしてみても悪くないと思います

 

じゃあどんな観点で仕事を選ぼうか、というのを自身の経験からお話しできたらと思っています!

 

昼休憩以外の休憩時間は少ないほうがよい

 

なるべく休憩時間がない会社がよかったです

なぜなら場合によっては休憩時間にも業務をすることになりかねないからです

 

会社によってはお昼休憩以外の時間に休憩時間が設けられている場合があります

もちろん休憩時間ですので、その時間働いていてもお給料は控除されてしまいます

 

「いや、休憩時間なら休憩しろよ 笑」と思われるでしょうが、本当にそのとおりで至極まっとうな意見です

ですが納期に追われて休憩時間なんて関係なしに働かないといけない、という事態も世の中にはあります

 

自分は連日の残業で限界を迎えつつあったので休憩時間に軽く休憩していたら、上司に「何してるの?」と普通に声を掛けられ仕事に戻されました

なので自分の場合はですが、毎月20~30時間の実質サービス残業をするハメに合わされました

休憩時間が全部業務時間だったら収入は数万増えていました。その数万円分損したあげく、体力も気力も消耗するなんて馬鹿げた話ですよね

それに給与明細を見たときも、「なんか思ったよりも少ないな・・・」という率直すぎる感想が出てきてしまって二重に悲しい思いをしてしまいます

 

お金を軸に会社を選ぶなら就業時間も気にしてみると良いですよ

 

家賃補助は期限もあったりするので注意

 

お金をたくさん貯めるためにはお金を儲ける以上に、お金をどれだけ使わないかということも重要です

そのなかでも固定費を削減できるような福利厚生が会社には存在することもあります

 

その代表例が家賃補助

支出の大部分を占める家賃が抑えられたらかなりお金も貯めることができます

 

しかし家賃補助にも、もらうための制限が課されていたりすることもあります

 

家賃が5万なら2万の手当、6万なら2.5万の手当、というように家賃の賃料によってもらえる手当てが変化したり、

1人暮らしを始めて3年以降は手当てが出ない、同居する場合は手当てが出ない、といった家賃補助が出ないケースも存在したりします

 

家賃補助が出た分だけ実質手取りも増えることにもなりますから、これだけ簡単に収入を上げる手立てもなかなかないので気にしてみましょう

できるならばOB訪問で会社の先輩に聞けたら良いですが、会社の人事課に問い合わせてみてもよいかもしれません

 

ボーナスは満額出るか、出たとしても何ヶ月出るのか気にする

 

ボーナス、満額出ないこともあります

・・・そんな会社もあります。満額出るのは4年目以降、というふうに決められていることがあったりするんですよね

 

やはりボーナスがドカッともらえるかどうかで年収に大きな開きができます

会社によっては賞与が年に3回のところもあったりするので、基本給にとらわれすぎずにボーナスを含めた年収を気にすることをおすすめします

 

残業手当・家賃補助・ボーナスの仕組みは必ず押さえておこう

 

もし自分がもう一度就活するとして、お金を損しないために会社を選ぶとしたら以下の会社を選びます

 

・休憩時間も働かされる可能性を考慮し、休憩時間が少なめの会社

・家賃補助がたくさんもらえ、家賃補助がもらえなくなる基準が緩い会社

・ボーナスが1年目から満額もらえ、かつボーナスを合わせた年収が高くなる会社

 

やはり聞かないと実態がわかりずらいところは多くあります

しかし直接面接官に聞いたりするのはあんまり心証が良くなさそう、と心配になる気持ちもありますよね

 

それならば仲介会社を挟んでの就活を行えば、仲介会社のエージェントさんを介して福利厚生なども聞き出せるのでおすすめです

がっつりお金を貯めて、本当にやりたいことができるよう応援しています!