過労死ラインを1ヶ月だけ超えて働いたときの6つの体調の変化【残業90時間】

頭痛に耐える男性 就活・転職・退職




 

過労死ラインを超えた労働をしたらどうなってしまうのでしょうか

なかなか経験することもないうえ、実際に意外と働けてしまっている方もいらっしゃるかと思います

 

自分も今のところ1ヶ月だけですが、過労死ラインと呼ばれている80時間を超えたことがあります

 

その結果たった1ヶ月だけでも相当な身体へのダメージがありました

しかもこの1ヶ月だけで自身の身体には、頭痛・腰痛・味覚障害・失語症・集中力の低下・無気力といった諸症状が発現していきました

 

そして肉体的・精神的に追い込まれて通院までいってしまいました

通院だけでもお金がかかりまくるので結構つらい生活が続きましたね・・・

 

なので実際に過酷な労働環境に置かれている方はもちろん、これから残業しまくることが確定している方も、これらの症状が出たら身体の危険信号だと思ってなんとか休みをとってください

これからその6つの症状にどんなふうに見舞われたのかをお伝えするので、心当たりがないか見てみてくださいね

 

スポンサーリンク

休みの日にピークを迎える慢性化した頭痛

 

ずっと頭痛がしていました。仕事はもちろん、プライベートに支障をきたすほど慢性化していましたね

なんだか頭のなかがちりちりと燃えるような、あっつい感じが続きます

平日は頭の焼けるような痛みを我慢しながら、仕事に追われながら過ぎていきます

 

そんななか、一番頭痛のピークを迎えるのが休日です

平日はなんだかんだ目の前の仕事を終えるので手いっぱいで、家に帰っても力尽きて眠るだけです

なので頭痛のことをあまり考えずにわりと過ごせてしまうんですよね

 

でも休日は平日に使い切った体力を回復するために使ってしまうので、基本ぐったりしています

そこで中途半端に回復した体力のせいで、頭痛を感じる余裕ができてしまうんですよね

なので疲れを癒したはずが、結局頭痛によって余計に疲れてしまうといった休日を過ごすハメになります

バクテリオファージ
だるくて気力も出ないのでますます出不精になる → リフレッシュできなくなる →・・・の黄金コンボですね

 

首筋が急に凝り固まって痛くなり、腰痛も併発する

 

なんの予兆もなく急に首筋が凝り固まって痛くなります

それに合わせて腰もどんどん痛くなってきます

背筋を伝って筋肉は繋がっているんだな、って妙に感心した記憶があります

 

頭痛は焼けるような痛さなのに対して、首筋と腰はズキズキくる物理タイプの痛みが襲ってきます

ここまで来てしまうと休日に温泉・岩盤浴・整体へ行っても治りません。多少は楽になるのですが・・・

ハリネズミ
仕事のためにプライベートを浪費している感が否めない・・・

 

ちなみに80時間以上の残業が終わった月には治っていたので、単純に働きすぎだったんだと思います

治したければ仕事を控える、それが治すための一番の近道だと身をもって知りました

 

スポンサーリンク

ご飯の味がわからなくなる

 

調子が悪いとご飯の味がわからないことがありました

なので食欲は沸かず、日に日に食べる量も減っていきましたね

バクテリオファージ
外食もお弁当も完食できないことが増えて泣けましたね

しかもただ味がわからないだけなら良いのですが、何を食べてもゴムみたいな食感がして変な味しかしなくなります

甘いパイを食べたときには水っぽい、薄くて苦い味がしたのを覚えています

ハリネズミ
味覚障害の典型例として「何を食べても砂を噛んでいるような感覚しかしなくなる」というのがあるみたいですが、それに近いのかな?

どうせ何を食べてもまずい味しかしないと思うと、余計に食事をとるモチベーションが沸かなくなってしまうんですよね

だんだん空腹を感じることも少なくなっていき、食事の量と回数が減るという負のスパイラルにはまっていきます

 

ですが不運にも、忙しい日々のなかで食べることは唯一といっていいほどの自分の息抜きであり癒しでした

なのにどんなにおいしくて、どんなに好物だったとしても不味い以外何も考えられなくてとてもショックでした

息抜きや癒しが1つ潰されてしまって余計に精神的にも参ってしまいましたね

 

考えていたことと別のことが口から出てくる

 

自分でも想像しないことをほかならぬ自分がしてしまいます

特に自分でよくあったのが、うまくしゃべれないことでした

 

上司に期限の日付を聞かれたとき、3月と言おうとしたところなぜか火曜日と言ってしまったり。ポンコツすぎます

ホウレンソウをするときにも伝えようとしていたことがメモを見ても全然出てこず、働き方が悪いのではないかときつく叱られたりもしました

 

働かせ方も悪いのでは? と余裕のあるいまなら思えますが、当時は自分が悪いんだという自己嫌悪で連日つらかった記憶があります

追い込まれると偏った思考しかできなくなってしまうものだなと実感しています

 

また調べてみると症状としては失語症のなかの語性錯誤という症状に酷似しているようです

実際に超過残業をしまくっていた時期にはそのほかの失語症っぽい諸症状もありました

・説明を求められても言葉が口から出てこない(語想起障害)

・上司から言われた言葉をすぐに忘れてしまう(言語性短期記憶障害)

・先輩や上司からの説明で言っていることの意味がわからなくなってしまう(理解障害)

苦手な上司と対面したとき以外でもかなり頻発していたので、割と失語症の一歩手前ぐらいまでいっていたのではないでしょうか

 

スポンサーリンク

普段しないようなミスがめちゃくちゃ多くなる

 

普段なら絶対にする確認や、気を付けようと意識していたことができなくなっていきます

仕事の量も増えて、上司にも怒られて、とどんどん追い込まれていきます

なにより自分のことすら信用できなくなるのがかなりきつかったです

 

なら休んだらいいのでは? という感じですが、そもそも休めていたらこんなことにはなっていないのでもう詰み状態なんですよね

上司も働けるなら働けというタイプでしたし、働きすぎているからミスしているとは露ほども思っていませんでした

 

それに金曜日には必ず休出の打診がありましたし、しなかったらしないで仕事が終わらないことへの圧力も掛けてきます

バクテリオファージ
働くほど悪循環にとらわれていくジレンマがきつかったですね

今となっては仮病を使ってでも休めばよかったなと思っています

 

休日をほぼ寝ることで潰し、趣味すらやれなくなる

 

基本的に動く体力がないので夕方ごろまで寝て過ごします

起きてもとてつもない睡魔が襲ってきて、頭が寝ているみたいにぼんやりし続けます

 

これが2連休だったらまだ2日目に体力が何とか戻って趣味に時間を使うことができます

ですが休出していると何もできず夕方を迎え、明日の仕事に備えてなにもすることができずに1日を終えることになります

 

また頭痛、首筋の凝り、腰痛もずっと引きずりながら過ごすので、外へ出る気力もなにも出ません

屋内でもなにかする気力も何も残っておらず、平日に溜まりにたまった洗濯と洗い物をやるぐらいですね

 

なので趣味の1つもやる習慣がなくなり、気分転換も何もできなくなっていきます

最終的には久々に趣味に割ける時間ができても、「なんかやる前から面倒、飽きた」みたいな感じになってしまっていましたね

バクテリオファージ
惰性で寝ているけど、本当は寝ることもだるくてしょうがない

 

スポンサーリンク

休出を断るようにしてからだいぶ回復した

 

以上の6つの体調の変化は、いまとなってはかなり軽減しています

それはきちんと2連休をとるようにしたからです

それでも休みの1日目はぐったりしているので根本的な解決にはなっていないですが 笑

 

少しでも当てはまるなー、と感じた方は鉄の意志をもって休みましょう

自分のことを守れるのは自分だけです。会社もましてや上司も守ってくれません

 

健康で文化的な最低限度の生活を送るのはかなりハードルが高いですが、自分たちなりの最低限度の生活をもぎとれるように頑張りましょう!

 

【追記】

なんだかんだで残業80時間以上の生活が3か月続き、過呼吸を起こしてしまったこともあって仕事を辞めました

退職してから本調子に戻るまでわりとかかってしまったので、「やばい」と少しでも思ったら意識して休みましょう!

あわせて読みたい

↓退職日を決めるまでに1ヶ月も手こずってしまった反省から生まれた記事

退職日を先延ばしさせない!退職を上司に切り出すときにやっておきたいこと4選