想像以上に楽?家具配送業者の配送助手の単発バイトをやってみた

手を差し伸べている先人 単発バイト体験談




 

単発のバイトを探していると、配送助手のバイトって結構ありますよね。

・配送助手ってお給料がいい分きつそう

・助手っていうけど本当はバリバリ重労働するんじゃないのかな

みたいな先入観があったりして応募するのも勇気がいります。

 

それに求人内容も、

・大人気の配送助手のバイト☆

・駐禁対策がメイン!重労働はほとんどなし

 

・・・本当??? なんか騙そうとしてない???

それに重労働は『ほとんど』なし、ね。なるほど。

って見れば見るほど怪しい気しかしなくなりますよね。笑

 

でも待遇がいいのは事実なので応募してみたのですが、無事に終えることができました!

身長160cm台、体重40kg台のもやし体型でも大丈夫でしたね。

正直これでお金もらっていいの? と思っちゃうぐらいには何もしなかったです。

 

では配送助手の何が楽で何がきつかったか、をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

バイト時間の半分ぐらいが待ち時間

 

バイト時間の半分ぐらいが待ち時間でしたね。楽っちゃ楽なのですが手持ち無沙汰な気持ちのほうが大きかったです。

メインの業務は駐禁対策、ゴミの掃除、社員さんの荷物運びのお手伝いなのですが手の浮く時間が多かったですね。

 

トラックでの移動時間

社員さんの作業の待ち時間

この2つの待ち時間がバイト時間の大半を占めてました。

 

トラックでの移動時間の内訳

 

まずトラックが現場へ移動し終わるまで待ち時間について。

倉庫から主要都市までの行き帰り、お客様のお宅までの移動が待ち時間の内訳です。

 

1回の配達でだいたい7,8件ぐらいのお家を移動するので、移動時間だけでもそれなりにかかってしまうんですね。

さらに土日祝だと道路も渋滞しやすいので、なおのこと待ち時間が発生してしまいます。

1時間半ぐらいは移動していたんじゃないのでしょうか。

 

基本的に社員さん2人と自分のあわせて3人で行動していたのですが、移動時間を休めていたのは私だけでしたね。

社員さんたちは運転係と、配達先を地図を使ってナビゲートする係で分担をしているので休憩できているわけではありません。

自分だけ何にもしていなかったのでなんとなく申し訳なさを感じてしまって、ちょっぴり肩身が狭かったですね。

 

社員さんの作業の待ち時間の内訳

 

続いて社員さんの作業の待ち時間です。

・駐禁対策でトラックに待機する時間

・社員さんの家具の配置、組み立ての待ち時間

おおまかにこの2つがメインの待ち時間。

 

まずは駐禁対策の待ち時間です。

道路わきなどで配送作業をするときは、どうしても駐禁対策が必要になるので自分がトラックに残ります。

こういった駐禁対策が必要になるような場所への配達って、お客様のお宅まで距離があることが多いんです。

なので社員さんが荷物の配置と回収をするまで結構時間がかかりますね。

 

次に社員さんの家具の配置、組み立ての待ち時間についてです。

駐車場にトラックが止められるといった、駐禁対策がいらない場所ではトラックに残る必要がないので社員さんのお手伝いをします。

 

ですが初心者だとお客様の商品を傷つけたりしないよう取り計らってくれるので、手伝わせてもらえることも限られています。

やっても段ボールを開梱したときのゴミ掃除ぐらいでしょうか。割と一瞬で終わってしまいますね。

ゴミ掃除もプラスチックゴミをビニール袋へまとめ、段ボールを潰して1つにまとめるだけなので。

 

派遣初日といった初心者だとおそらくお客様のお宅での作業はさせない方針だと思われるので、家具の設置と組み立ても社員さん任せです。

テーブルやベッドといった特に組み立て時間が必要な商品だと、必然的に待ち時間も増えていきますね。

バクテリオファージ
入って初日のバイトの信用のなさよ・・・
ハリネズミ
実際にバイトがお客様のお宅のものを窃盗したケースとかあったんじゃないかな?

 

このように待ち時間がありつつ稼働時間も短いので、想像以上に体力的には楽ですよ。

 

重いものを持つ機会はほとんどない

 

基本的に物を運ぶのは荷台を押すぐらい。

荷台に載せるのも社員さんなので、重いものはほとんど持ちません。

持ち運ぶときは軽いものを優先して回してもらえますし、多少は重いものを持つことはあっても必ず社員さんと2人組でやったので安心でした。

 

先述のとおりお客様のお家のなかでの運搬は社員さんがやってくださるので、自分が荷台が使えない状況はほぼありませんでした。

ただキングサイズのマットレスといった荷台にも乗らない、社員さんが1人で持てないもののお手伝いぐらいはしましたね。

50mぐらいの距離だったのですが、デスクワークと無職の生活でなまった身体には堪えましたね・・・一瞬で全身筋肉痛になりました。笑

 

なぜ社員さんがほとんどやってくれるのかというと、あまり家具の運搬に慣れていない人が壁にぶつけたりして商品を破損させる事態を防ぐためだと考えられます。

平気で10万を超える商品を扱ったりしますからね。

破損させたから責任をとって買い取り、なんてできないですよ。

 

それにもしそんな事態をバイトがやらかしてしまったら、社員さんにも責任が及んでしまいます。

お互いを守るためにも、作業に慣れている社員さんが意図的にバイトの作業を減らしているようにも思えましたね。

 

重い物を持てるか不安な方でも問題なくバイトできますよ。

 

スポンサーリンク

仕事の進捗次第でお昼休憩がずれるのがきついかも

 

仕事の都合上、固定の時間で休憩を取ることができないんです。

決まった時間に必ず昼食をとりたい、という方にはきついかもしれません。

 

なぜならお客様の指定した配送時間に間に合わせないといけないからです。

なので時間が押してしまうと、予定していた時間にどうしても休憩がとれなくなります。

 

道路が混雑していたり、お客様のお部屋の間取りの都合で運搬と組み立てがうまくいかなかったり、というのは現地に行ってみないとわからないんですよ。

結局私は、6時に朝ごはんを食べた10時間後にお昼を食べることができました。

時間もなく15分しか取れませんでした。・・・というとめちゃくちゃきつそうな現場に聞こえます。

でも15分しか休めてないのは社員の方で、バイトの私自身は待ち時間で休めているので問題なしですね。

 

もちろん時間さえとれれば1時間休憩できますし、削れた45分はお給料になるのでうまいです。

それに私はバイト中に身体も動かしてなかったので、空腹でしんどいと思うこともなかったですよ。

 

食にあまり執着しない方は問題ないですが、決まった時間に昼食をとりたい! という方は仕事の進捗次第ではきついかもしれません。

我慢できない方はトラックでの移動時間中に食事をとっていいか交渉してみるのもいいと思います。

 

稼働時間が少なく、業務内容も軽めなので想像以上に楽

 

まとめ

・移動時間と待ち時間が大半なので、実質の稼働時間が少ない

・重労働は社員さんが引き受けてくださるので、バイトがやる仕事は楽なものが多い

・休憩時間が不定なので、空腹に耐えられなさそうなら移動時間に食事をとってよいか交渉してみる

 

業務の最後なんて社員さんが2名合流してくださったおかげで、2時間ぐらい何もしてませんでした・・・ひたすらトラックを守りましたね。

なんとなく「きつい職場」というイメージがあったのですが、ただの偏見だったなと思いました。

やっぱり責任が重い作業を社員さんが引き受けてくださるお陰でもありますね。

 

このようにさんざん楽だよ、思ったよりもきつくないよとは言ったものの、社員さんが楽をさせてくださっている部分が大きいので感謝しかないですね。

体育会系の職場かと思いきや、穏やかで優しい社員さんばかりで面食らってしまいました。

なんならデスクワーカーのほうが怒りに変換できるだけの体力を持て余してて質が悪いな、なんて思ってしまったり。

 

こういった単発バイトを見つけるならショットワークスがおすすめ。

1日だけ、4時間以上、手渡しですぐもらえるバイトもたくさんあるので、探す手間が省けます。

無料で会員登録できるので、登録するだけしておくと職選びが楽になりますね。


↓【公式サイト】
1日から働ける激短バイト!ショットワークス