なぜラジエントヒーターだと料理が失敗してしまう?原因は火加減にあるかもしれません




 

ほかのコンロなら大丈夫だったのにラジエントヒーターだと料理が失敗してしまう・・・

料理が急に焦げたり水っぽくなったりしてしまう・・・

 

どうも、あらけきです

 

ラジエントヒーターで作る料理、めちゃめちゃ難しいですよね

特に古いタイプのラジエントヒーター。いろいろな大手賃貸住宅に備え付けられているものによくあるやつです

この備え付けコンロに自分も何度も泣かされました

 

なぜ難しいかというと、火加減の仕方が特殊なところがあるかなと思っています

特に古めのタイプのラジエントヒーターの火加減のコツについてご紹介します

これをマスターできれば、ほかのコンロでも料理上手になれるのでぜひ挑戦してみてください!

 

ラジエントヒーターをうまく使うために覚えておきたい2つの特徴

 

先述のとおり、ラジエントヒーターは火加減の調節方法がほかのコンロと違います

なのでラジエントヒーター流の調理をしないと失敗してしまいがちです

レシピ通りに作ろう! と思っても一般のコンロと比べて火の通り方がまったく異なるので料理が失敗するんですよね

 

でも大丈夫。以下の2つの特徴を押さえておけば問題なくおいしい料理が作れちゃうはずです

・コンロの温度が上がりにくく落ちにくいという特徴

・コンロの熱源の点滅させながら温度を一定にしようとする特徴

 

それではこの2点について詳しく見ていきましょう

 

特徴1:コンロの温度が上がりにくく落ちにくい

 

火加減がほかのコンロと比べて素直じゃないので、あまり考えずに直観で火加減すると失敗します

それはラジエントヒーターの温度の調節に時差があるからです

 

弱火から強火にするとき、ガスコンロやIHだと火力や温度をあげればすぐに強火にできますよね

ラジエントヒーターは弱火から強火にしても、じわじわとしか温度が上がっていきません

なのでほかのコンロと比べたとき、弱火から強火へ移るのに使う時間も頭に入れながら料理する必要があります

 

ここでは2つの調理工程の例を挙げて難しさを説明します

 

例えば中火で10分煮る、という工程があったとします

火力を中火にして10分加熱したとしたら、まずコンロが中火の温度になり、鍋が中火の温度に熱される必要があります

ラジエントヒーターは中火の温度に安定させるのに時間がかかるので、言葉どおりに10分煮ると火のとおりが甘い料理になってしまいます

 

また中火で加熱した後に弱火で煮る、という工程があったとします

中火から弱火の温度にコンロの熱が下がるまで時間がかかるので、煮詰まりすぎたり、焦げ付いてしまったりします

 

このように火加減を操るには、いまコンロの温度がどれぐらいかを考えないといけません

 

あくまでもレシピ通りに料理を作りたいのであれば次のような工夫も必要となるでしょう

中火の温度になるまで最大火力でコンロを加熱してから、火力を中火に落とす

火力を落とすときは鍋をコンロから外しつつ様子を見る。などです

 

ほかのコンロと比べると、少し手間暇をかけて料理する必要が出てきてしまうんですね

 

特徴2:熱源の点滅させながら温度を一定にしようとする

 

自分が使っていたラジエントヒーターは、熱を一定に維持するために自動で熱を入れたり切ったりしてくれました

ラジエントヒーターを使っているとコンロが赤くなったり暗くなったりしていたら、この特徴に当てはまるコンロといえるでしょう

感覚としてはアイロンが温度の調整に点いたり消えたりする感じに近いです

 

たとえば50度を維持するのに、ほかのコンロだと50度の火力を出し続けることで温度を維持しています

ラジエントヒーターは50度を保つために、70度の火力で熱して、また火力を切ることで50度を維持しようとするんです

 

これが本当に使いづらい。特に具材を追加してフライパンの温度が下がったときに顕著です

 

基本的に室温や冷蔵してあった食材を熱したフライパンに入れると、フライパンの温度は低くなりますよね

なので食材を入れつつ中火を維持したいときには、入れた瞬間だけ少し火力を上げたりしたいものです

 

ですがラジエントヒーターの場合は、調理器具の温度をすぐに上げたいときにも熱源の点滅をさせるんです

のんびり火力を調節しようとしてくれて、なかなか鍋のなかの温度がもとに戻せません

 

この機能のせいで野菜炒めをするときなどは、具材を増やすたびにフライパンのなかみの温度が一定を保てずに水っぽくておいしくないものが出来上がってしまいます

なので熱が勝手に消えてしまうことも考えて火力の調整をしていく必要があります

 

たとえば食材を加えるときには前もって強火にしておいて、入れてからフライパンのなかの温度を様子見しつつ元の火力に戻す、といったような工夫もできます

そうすれば熱源が消えることを見越しても、フライパンのなかの温度は保てるからなんですね

 

ラジエントヒーター用の調理方法を覚えよう

 

以上の2つの特徴でみたように、ほかのコンロと同じ感覚で料理するとかなりの打率で失敗します

自分はこの特徴に気付くのに時間がかかったこともあり、慣れるまでたくさんの料理を失敗しました

ですが下記のようなラジエントヒーターの特徴を意識して料理をしていけば失敗も減っていくはずです

 

・コンロの温度が上がりにくく落ちにくい

・コンロの熱源の点滅させながら温度を一定にしようとする

→狙った温度で食材を熱するために、ラジエントヒーターで熱する調理器具のなかの温度をイメージする

→調理器具のなかの温度のイメージにあわせて、前もって火力を調節しておく

 

このように普段とは違った頭を使いながらラジエントヒーターでの調理をしていく必要があります

 

ラジエントヒーターで料理が上手くなれば、ほかのコンロではもっと料理上手になれる

 

自分はラジエントヒーターでうまく料理ができれば、ほかのコンロではもっとうまく料理が作れると思っています

なぜなら火加減を五感をつかって調節しようとするクセがつき、段取りもうまくなるからです

 

ラジエントヒーターでの調理では、レシピ通りに作るだけでも火加減に細心の注意を払う必要があります

フライパンのなかみの温度は大丈夫かな? 次のレシピに移るためにコンロの火力を上げておこうかな? と

 

こうした火加減を意識した料理をしていくと、ほかのコンロで料理をしているときにも「いま火力が高すぎるから煮詰まりそう」といった料理の勘が身についているとわかるはずです

そしてコンロの火力を前もって上げたり下げたりしておこうという姿勢は、そのまま料理の段取りがうまくなれるきっかけにもなります

 

ラジエントヒーターでの料理は確かに難しいです

でもちゃんと向き合ってみれば、むしろ料理上手になれるチャンスに変えることもできます

いっぱい失敗して、料理上手になっちゃいましょう!