IHなのに火力が低い?実はそれラジエントヒーターかもしれません【電気コンロ】

CS-KMH28B-0
ラジエントヒーター




 

 

電気コンロなのにお湯が全然沸かない・・・

使い終わっても熱が残り続ける・・・

なんか火加減むずすぎてめっちゃ焦げる・・・

 

IHを使ってて、上に挙げたような悩みを持っていませんか?

 

ちょうど仕事の都合でレオパレスに住むことになったとき、自分も同じことで悩み続けていました。

物件の情報にIHクッキングヒーター搭載!と書かれていたこともあり、

IHって使いにくすぎない? なんなんこれ? と。

 

ですがそんな悩みを持つコンロ、たぶんIHじゃないです。

バクテリオファージ
そもそもIH以外の電気コンロってあるの?!

と過去の自分も思いましたが、実はあるんです。ラジエントヒーターなるものが。

 

そのラジエントヒーターの概要と、IHとの見分け方を2つご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ラジエントヒーターってなに?

 

そもそもラジエントヒーターってなんだよ! って話ですよね。笑

こんな感じのものです。薄っぺらいプレートとキッチンが一体になっているタイプが多いです。

なかなか馴染みのない言葉なので、wikiの説明を引用してみます。

 

ニクロム線などの電気抵抗の小さくない導電体に、電流を通してジュール熱を発生させて高温にし、熱伝導や熱放射によって加熱する。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/焜炉#電気焜炉(電気抵抗)

 

バクテリオファージ
・・・?

 

実際に使ってみた感じも合わせて噛み砕くと、

 

電気で導電体を加熱し、その上にあるプレートを熱することで

プレート上にある調理器具などを間接的に熱するコンロ

といった感じでしょうか。

 

ではIHとどう見分けたらよいのでしょうか。

その見分け方を2つにわけてご紹介します。

それぞれ使用したときの状態から、採用している物件から見ていきましょう。

 

使用してみてコンロがアツアツならラジエントヒーター

 

IHとの決定的な特徴が1つあります。

それはコンロ自体が熱を持つことです。

 

IHは金属製の鍋そのものを直に加熱するので、コンロ自体が熱を持つことはないんですね。

もし使用中のコンロが死ぬほど熱くなっていて、使用後もしばらく熱を持っていたら確実にラジエントヒーターです。

 

スポンサーリンク

住んでいる物件がレオパレスなどならラジエントヒーターの確率大

 

もしお住いの物件がレオパレスやリブリの単身者用物件であるなら、高確率でラジエントヒーターです。

このような間取りや立地の割に安い物件に多く見られる印象です。

 

実際に賃貸サイトでは電気コンロ、としか書かれていない場合もあります。

ラジエントヒーターがどのようなものか知っていないと、なかなか物件のコンロがIHなのか見分けられません。

 

果ては

IHクッキングヒーターの物件です(大嘘)

という書かれ方をしていることもあるので、心当たりがあれば自身でIHかどうかチェックすることをおススメします。

バクテリオファージ
意外と表記が適当な物件も多いので困っちゃいますね

実際に自分が使っていたラジエントヒーターとその特徴については以下の記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

電気コンロにはIHとラジエントヒーターがある

 

まとめ

・ラジエントヒーターはコンロを直接熱するもの

・電源を消した後、コンロそのものが熱を持ち続けていたらラジエントヒーター

・大手単身者用物件の備え付きコンロはラジエントヒーターの可能性が高い

 

自分の場合、人生初の電気コンロだったこともあって「電気コンロ = IH」という勘違いをしていました。

また賃貸サイトの物件の紹介ページで、「コンロはIHクッキングヒーターです」という文言を鵜呑みにしたことも1つの原因でした。

そのため謂れのない不満をIHにぶつけまくってしまいました。

 

逆にラジエントヒーターと知ってしまえばこっちのもの。

その特徴を十分に知り、ラジエントヒーターの良さを活かして料理をしていきましょう!

 

 

ラジエントヒーター画像出典:https://takayama78online.jp/shop/g/g4902901626999d10000010-a/