【宅浪】自宅浪人経験者が語る予備校へ行く8つのメリット

勉強途中のノート 自宅浪人・独学




 

私は大学受験のとき自宅浪人をした経験があります。

いわゆる宅浪ってやつですね。

なんとか第一志望に受かって受験は成功したものの、やっぱり浪人した1年間は辛くて険しかったです。

 

その1年間の宅浪中のあいだ、1人きりで考え続けてたことがあります。

「予備校だったらこんなことで悩まなかったのに」、と。

 

私は予備校へ行くお金で勉強時間、安定した精神を買えると思っています。

これだけでも十分、予備校代はもとをとれるといっても過言ではありません。

それに宅浪は博打というのが持論なので、石橋を叩くなら予備校へ行くべきです。

 

お金がなくって宅浪を選ぶなら、この記事を読んでみてどんなことに気を付けたらいいか考えてみてください。

 

時間を有効活用するために宅浪しよう、と思っている人は少し考えなおしてほしいです。

宅浪は情報収集にかける時間が大きなウェイトを占めます。

想像以上に勉強だけに打ち込める環境ではないことは忘れないようにしてくださいね。

 

今回は宅浪をしてみて、予備校に行くだけで全部済んでしまった問題を思い出せるだけ書き出してみます。

宅浪を悩んでいる人は読んでみて、本当に1年間も頑張れるのかな、と自問してみてください。

 

スポンサーリンク

受験の話を理解してくれる人がいる

 

やっぱり、受験という同じ方向を見ている存在は励みになります。

勉強の難しいところや、模試でわからなかったことを共感してもらえる存在はありがたいですよ。

 

剰余の定理とかとっさに思いつかねーよとか、センター模試で群数列でてきて焦ったとか。

思わず吐き出したくなる愚痴や悩みに身をもって共感してくれる人が欲しかったです。

 

これが、1年間積もり続けるとすごくストレスなんですよね。

勉強のことを私生活で全然話せなくて辛かったのをよく覚えています。

家族は大学受験と縁遠い人ばかりでしたし、家族以外の繋がりはほとんど絶えてしまいますしね。

 

大学生の友人たちに相談したいとも考えたことはあります。

でもこんなジメジメした人間が華々しい大学生活に水を差してよいのか、という謎の遠慮によって気持ちをグッとこらえ続けたまま受験を終えてしまいました・・・

 

予備校のチューター(受験のペースメーカーをしてくれる人)のような、受験の辛さをわかった上で自分を励ましてくれる存在もいません。

自分で自分を奮い立たせない限り、どんどん気持ちが腐っていくのが怖かったですね。

 

理解できない問題を教えてもらえる

 

宅浪だと本当に理解できない問題が出てくると詰みます。

難しい問題集をやってるならまだ救いもあるってものです。

「難しい問題だからしょうがない」と、自分に予防線を張れるからですね。

 

ですがやさしめの問題集を解いているのにわからないと、本当に自信がなくなるんです。

やっぱり予備校へ行くべきだったんじゃないか、と不安でいっぱいになります。

 

そんな不安がる時間があれば1秒でも勉強しろ、とは思いますよね。

頭ではわかっていても焦って手につかなくなってしまうんです。

 

いくら解答を読んだり、ネットで調べたりしてもわからないまま数時間が過ぎ去ることもしばしば。

予備校だったら講師の人だったり友達に聞けたりできるのに、と恨めしい気持ちが湧いてしまいます。

 

スポンサーリンク

受験への緊張感を維持できる

 

ずっっっっっっっっと一人きりで勉強してるので、緊張感に慣れちゃうんです。

浪人したての頃は、1人で頑張るぞ! と意気揚々としてますが夏ごろにはどうせダレます。

そこで気持ちを律するのも全部自分なのが苦しいところ。

 

予備校なら春の部活動の引退、夏休み、二学期の始まり、といった節目節目で現役の人が増えてきたり。

他の人の模試の結果を小耳にはさんで焦ったり。

自習室でめちゃくちゃ勉強してる人を見かけたり。

外野からの刺激が予備校だと多いのでそこはいいところですね。

 

一人だと模試が悪くても、

「ゆうてまだいけるっしょ!」

「まぁ・・・まだ9月だし?」

などと、焦る気持ちに蓋をしがち。

自分の弱さを甘く見ないようにしましょう。

 

最悪の場合、だらけすぎて勉強の習慣が途切れることも。

・刻一刻と受験日は近づいていく焦燥感

・ほかの受験生は確実に学力をつけているのに毎日勉強に手がつかないことへの自己嫌悪

 

勉強がストレスで逃げたはずなのに、勉強から逃げていることにもストレスを感じてしまって八方ふさがりになります。

こうなってしまうと自力で勉強の習慣を戻すか、潰れてしまうかの2択になってしまいますね。

すべて自分でコントロールしなければならないからこその辛さがあります。

 

記述式の問題の解答を添削してもらえる

 

予備校では講師の方や大学生のバイトの方に、解答の添削してもらうことができます。

特に志望校の過去問を添削してもらえるのは本当に羨ましかった。

 

赤本などのほとんどの過去問は解答が書いてあるだけじゃないですか。

予備校ならどういうミスをしたのか、何が今の自分に足りないのかを客観的にジャッジしてくれる講師の存在がありますよね。

 

でも宅浪なら自分で問題点の分析・改善方法の模索をしなければなりません。

しかもそれが本当に正しい分析だったのかすら、わからないことが怖いですよね。

間違った努力をするほど合格から遠ざかることはないので。

 

それに記述式などのレベルの高い問題だと、今度は自己添削をうまくできない悩みが出てきます。

・正答例と自分の答えが全然違っているけど、何が原因でミスしたのかわからない

・何を勉強したら正答例に近い回答ができるようになるのかわからない

これらを分析するのも手探りなので、非常に時間がかかってしまうんですよね。

 

きっとどれぐらい部分点が取れてて全体の点数はこれぐらい、みたいなのも分析してくれると思うんですよ、予備校なら。

試験本番にどの教科でどれだけ点数を稼ぐか、なんて作戦もたてやすくて楽なんだろうなぁ!(妄想)

 

スポンサーリンク

合格できるためのテキストや授業が用意されている

 

宅浪だと勉強する参考書を、志望校のレベルに合わせて自分で逆算して選ばなければなりません。

ですが予備校は、受験で合格するために最も効率のいい方法を用意してくれてるんですよね。

つまり、予備校で学んだことを完璧にこなせば合格できます。

 

こんなに勉強だけに集中できる環境は予備校ならでは。

また予備校はコース分けされている場合が多く、特定の大学に絞ったコースならば、その大学に受かる最短の勉強ができるわけです。

 

一方で、宅浪は最短で合格できる勉強ができる参考書を選ばないといけません。

自宅浪人の人がやらなければいけない参考書選びの手順は以下のとおりです。

 

1.志望校の問題の傾向を過去問から分析する

2.過去問を解いてみて自分に足りない学力を分析する

3.1と2を満たすと思う参考書を書店やネットで調べて購入する

4.参考書を解きながら「いま解いている参考書は1と2を満たす参考書か?」と志望校の過去問や模試をやって確認する

5-1.1と2を満たす参考書だと確信できたら必要なだけ参考書を網羅する → 1へ戻る

5-2.1と2を満たさない参考書であれば新しい参考書を買い直すべきか、1か2の足らない方を補える参考書を買うか吟味する → 3へ戻る

 

1と2は基礎学力がないと正しい分析すらできません。

何がわからないかわからない状態だと厳しいですね。

 

3は市販されている参考書は大量にあるので、取捨選択だけでも相当な時間がかかります。

ゆえに4で買った参考書が志望校にあった参考書か、も自分で解きながら判断する必要があります。

 

一番怖いのが5で判断を誤ることです。

・本当はやる意味のない参考書なのに解き進めてしまう(5-1)

・やるべき参考書なのに早合点して別の参考書をやってしまう(5-2)

1~4のどれか1つでもミスがあると起こってしまいます。

 

きちんと志望校に合わせた参考書を選べなかっただけで合格率も変わります。

志望校を決めて傾向を掴んで、今の自分の学力から受かるために必要な勉強量を見定めて、そしてそれらにマッチする問題集を見つけて、初めて合格に繋がる勉強に取り掛かれるのです。

 

このように宅浪は勉強するまでにすごく時間がかかるのと、勉強を始めてからもこの勉強は本当に合格するために必要な勉強なのだろうか、という不安もついてまわります。

 

新旧、様々な大学の過去問が揃ってる

 

予備校では過去問が大量に揃っています。これは本当にメリットです。

 

受験勉強はいかに志望校の問題に慣れるか、が鉄則です。

そこで志望校の問題に慣れるためには過去問を解くのが一番効率的ですね。

過去問に慣れさえすれば半分合格に手が届くといっていいほど重要なのです。

 

一宅浪は時間に融通が利くのを活かして、問題演習をどんどんやらないと予備校の受験生と差が付きません。

そのため過去問の演習量もかなりの数をこなさないと、宅浪で合格するのは厳しいものがあります。

予備校だと志望校ごとにたまっているノウハウから作ったテキストがあるので、質のいい学習ができるからですね。

 

しかし古い過去問は店頭にはまったくありません。

通販で買うぐらいしかできずに10数年分ぐらい用意できないこともありました。

特に国立二次試験の過去問は数がありませんね。

 

でも予備校なら新しいものから古いものまで、有名どころの過去問はだいたい揃ってたんですよね。

また志望校以外の過去問もたくさんあるので、出題傾向が近い大学の問題を腕試しで解くこともできて試験問題にどんどん慣れることができるのです。

宅浪だからこそ過去問が必要なのに、予備校ならばそれらが十全に揃っているというジレンマです。

 

スポンサーリンク

受験に関する情報を調べる時間をなくせる

 

受験は志望校の情報収集も重要です。

というのも受験科目が変わったり、定員が増減したり、願書の出願日が早まったりするのはよくあることだからです。

 

予備校なら受験の情報をすべて集めているので教えてもらえますよね。

でも宅浪だと全部自分で調べないといけません。

 

実際に私はセンター利用で出願しようとしていた大学の受験方式がなくなるハプニングに見舞われました。

運よく早い段階で気付けたので、センター試験の科目ごとの勉強比率を変えられて事なきを得られましたね。

でも受験勉強しつくした後で気付いていたら、と思うと無駄な勉強に時間を割いていたことになるので本当にヒヤヒヤします。

 

自分から積極的に、しかも定期的に情報をとりにいかないといけないため、時間もかなり使ってしまいますね。

 

模試などの面倒な手続きをしてもらえる

 

宅浪では自分の学力を客観視するために模試が有効です。

募集時期になったらネットで応募して、料金を振り込む必要があります。

 

もし忘れることがあれば模試という大切なアウトプットの機会が失われてしまいます。

模試の採点結果を使って、今後の受験勉強の作戦会議ができなくなってしまうので勉強効率が落ちかねません。

 

予備校なら所属している予備校の模試だと手続きなしで受けられます。

予備校代の内訳に模試代も含まれているからですね。

 

細かい場面でも、予備校ならではの「勉強に集中させてもらえる環境」が整っているなと感じます。

 

まとめ

 

予備校のメリット

・同じ苦しい気持ちを共有できるのでストレスを感じにくい

・問題の答えを理解するための時間をなくせる

・周囲の存在が刺激になるので自然とやる気になれる

・自分に足りない学力を模索する必要がない

・予備校の自前のテキストがあるので参考書選びで悩まなくて済む

・過去問が豊富にあって自由に使い倒せる

・受験や模試の情報を自分で取りにいかなくてよい

 

以上を読んでみて気付くことはないでしょうか。

宅浪でも意外とお金と勉強以外の時間がとられることです。

 

参考書と過去問、模試をやるためには相応のお金が必要になります。

わからない問題で唸ったり、勉強をするための情報を集めたりする「勉強していない」時間はかなりあります。

 

それでも宅浪を選ぶ! というのであれば、夏期講習・冬期講習への申し込みをおすすめします。

なぜなら合法的に予備校内のものを使用できるからです。

コピーできるなら使いそうな過去問は全部コピーしてもいいし、予備校内の人に受験の情報を聞いていもいいし。

 

ハイブリッドで浪人するという選択もいれながらやってみてくださいね。