滑り止めの大学の入学金の存在を忘れてて合格が0になった話

滑り止めの大学の入学金の存在を忘れてて実質合格数が0になった話 宅浪体験記

<script>” title=”<script>


<script>

 

滑り止めの私大は入学金を振り込むまでが合格です。

 

決して合格通知書をもらうまで、ではありません。

合格通知書に同封されている振込用紙で、入学金(+授業料)を振り込んだら合格。

晴れて入学決定です。

 

それは本命の私立大学に限ったことではないのです。

滑り止めの私立大学でも、決められた納入期限日までに入学金を支払う必要があります。

 

期限日を過ぎてしまうと『合格を蹴った』扱いに。

 

帰るまでが遠足、とはよく言ったものです。

滑り止めの私大は入学金を振り込むまでが合格ですよ!(2回目)

 

ここまで口酸っぱくいう理由は、滑り止めの大学にも入学金が必要なことを忘れてた間抜けな宅浪生がいたからです・・・

 

スポンサーリンク

滑り止めの大学用の入学金を確保し忘れてた

 

滑り止めの大学に必要な入学金を確保し忘れてました。

そもそも滑り止めの大学の入学金自体、納入し忘れてもいましたね・・・

 

時は二次の前期試験が終わったころ。

滑り止めも受かってるし前期試験の手応えもあって、私はゆるゆる後期試験の勉強をしていました。

やる気がなかったんですね。

 

 

暇つぶしに某M大学からの入学手続き資料をなんとなくながめていると、入学金と納入期限日の資料が。

 

 

「入学手続きは3日後までで20万必要なのか・・・にじゅ、20万?!!!」

 

 

やばい・・・やばい、やばい。

受験料というでかい出費をしたあと、我が家に20万も自由なお金はあるのか? いや、絶対にない。

仮に20万払えても前期試験に受かれたら、国立大学用の入学金は用意できるの?

 

っていうか学費の延納手続きも間に合わないから入学金だけじゃ済まない?

じゃあ70~80万ぐらい必要? 3日後までに?????

 

 

・・・。

 

 

・・・・・・・(ふて寝)

 

 

なんであのとき合格通知書だけをパッと見て放置したんだろう。

何が「いまは勉強に集中したいから前期試験のあとに考えればいいや」だ。

 

すっかり忘れちゃってたよ!!!

 

 

結局あのときの私は親に相談もできませんでした。

・確認を怠った自分の落ち度、甘さ
・早く気付いていたら用意できた20万
・毎晩疲弊した顔で帰ってくる両親
・宅浪だったとはいえ、十分なお金の支援をしてもらえた負い目
・学費が払いきれず大学を中退した姉の存在

 

いろんなものが、いろんなものがごちゃまぜに駆け巡ってのしかかって打ち明けられなかったのです。

 

 

・・・私は滑り止めを蹴る決断をしました。

 

どうせ行ったところで満足な大学生活は送れないから。

これ以上奨学金を借りることは未来を広げるようで狭めている気もしたから。

 

「本当は私大に行きたかったけど、もとから国立大学に行く道しか残ってなかったんだな」

今更ながら身に染みて実感したんですよね。本当に遅すぎます。

 

もし国立大学が落ちていたらもう1年。

 

後期試験がはじまるまでは1日14時間ぐらい勉強したように思います。

 

結果的には前期試験に合格できていて、いらない悩みだったとわかり心底ほっとしましたね。

 

まとめ:受験前に必要なお金の計算をしておこう

 

まとめ

・浪人費用には入学金も含めて計算する

・入学金レベルの大金はすぐに用意できない

→あらかじめ両親に伝えて確保してもらおう

 

ただでさえ浪人させてもらえているのに、金銭がかさんでいくと本当に申し訳ない気持ちになりますよね。

とはいっても早めに親に伝えられれば用意できるお金もあります。

 

明日すぐに20万を用意できなくても、1年で20万は用意できるかもしれません。

早め早めに必要な出費は伝えておいて、滑り止めの大学にも心置きなく入学金を振り込めるようにしてください。

 

私は変に遠慮してしまったせいで『宅浪で国立一本受験』とかいう危ない橋を渡ってしまったので・・・

受験勉強と試験にだけ集中できるように、準備できるところは準備しましょうね。