カブリナンはデザートでもカレーと一緒でもいける!中身はお店によって個性が出る

シシュマハルのカブリナンのなかみ インド料理

<script>” title=”<script>


<script>

 

インド・ネパール料理屋さんのメニューで、『カブリナン』を見かけた経験は少なくないのではないでしょうか。

メニューの説明文に、「ココナッツやアーモンド、ドライフルーツの入った甘いナン」と添えられて。

「デザートナン」と説明しているお店もしばしばありますよね。

 

気になるけれど、セットメニューで正直お腹いっぱいになってしまう・・・。

ナンをデザート感覚で食べるのがよくわからない・・・。

冒険するにはちょっと高いかも・・・。

 

そう感じてしまう気持ちもわかります。

でもそれはもったいない。

だっておいしいから!

 

チーズナン以外にカブリナンも好きな私が、

・カブリナンとはどんなもの?

・お店によってどう個性が出るの?

・要はおすすめのカブリナンってなんなの?

という疑問にお答えしていきます。

 

カブリナンの魅力が十二分に伝わって、「カブリナンを食べたいな」 なんて思ってもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

カブリナンとは、ココナッツやアーモンドの入った甘いナンのこと

 

カブリナンはココナッツ、アーモンドが入った、甘いナンです。

見た目はチーズナンやチョコナンなどと比べると、たいして変わりなく見えます。

シシュマハルのカブリナン

 

肝心の中身はこんな感じ。

シシュマハルのカブリナンのなかみ

 

粗めのココナッツとアーモンドがわさわさ入っていて、バターとココナッツがふんわり香ります。

思ったよりも中身はパサパサに感じるかと。

 

甘いナン、といってもデザートを期待して食べると、ちょっと物足りない甘さかもしれません。

さっぱりと爽やかな甘さで、もちもちのナン生地との相性はばっちり。想像以上に軽く食べられます。

お店によってはチーズナンのほうが甘いこともありますね。

 

地方にある小さいインド・ネパール料理屋さんは、だいたい上記のようなカブリナンが多いように思います。

 

ですがカブリナンはお店によって個性の出るナンでもあるのです。

ドライフルーツが入ってたり、ピスタチオが入ってたり。

 

甘さもお店によってまちまちですね。

砂糖たっぷりでデザートにぴったりな甘さのカブリナン。

具沢山で滋味深いカブリナン。

デザートとしても、カレーと合わせてもいけちゃうカブリナンなど。

 

いろんな種類のあるカブリナンのなかでも、都内でおすすめのカブリナンをご紹介しますね。

 

都内でおすすめのカブリナン3選

 

私がおいしいな、と思ったカブリナンを3つ紹介します。

おいしいカブリナンを見つけたら、随時追加していきますね。

 

具もナンも大きな『まさらダイニング』のカブリナン

 

まさらダイニングのカブリナンはディナータイム限定で食べられます。

お値段は800円。

 

まさらダイニングのカブリナン

 

このスケール感がまさらダイニングって感じ。

本当に大きい!

中身も分厚いし、耳までぎっちり具材が入ってます。

 

まさらダイニングのカブリナンの中身

 

ココナッツ、アーモンドが入ってます。

しっとりとパサパサの中間ぐらいですかね。

 

アーモンドとココナッツの割合が半々ぐらいで、砂糖で煮からめられているような甘さ。

カブリナンのなかでも、割と甘めなほうですかね。

 

メニューにはドライフルーツが入ってると書かれているけど、何が入っているか最後までわからなかったです。

ときどき別の甘みを感じるので、多分それがドライフルーツだとは思うのですが・・・。

 

デザートとしては大きすぎるので、カレーやナンをひと通り食べたあとだと、1人1/4もきついかもしれません。

そのときはお持ち帰りして、お家で朝ごはんとしていただくのがおすすめです。

 

滋味深い『サパナ』のSAPANAオリジナルナン

 

続いてはサパナのSAPANAオリジナルナンです。

569円です。サパナのナンは小さいながらも、ハイクオリティなのがウリですね。

カブリナンではなく、メニューには『SAPANAオリジナルナン』と書かれているので、注文のときにはご用心。

 

サパナのサパナオリジナルナン

 

ココナッツたっぷりで、レーズンなどドライフルーツがぎっしり。

ピスタチオっぽいのも混ざってたかな?

いろんな具が混ざっていて滋味深いです。

 

具、よりも餡という表現のほうが、食べたときしっくりくるかもですね。

中身はかなりしっとりとしています。

なので食べながら、なんとなく月餅を彷彿しました。

ただ月餅ほど油っこくないし、むしろナンのもちもち感がマッチして、こっちの方が好きかも!

 

表面にかかった砂糖が焼きついて、ザクザクもちもち食べられるのが新食感でいい感じ。

 

カレーとあわせてもおいしい『カリーナキッチン』のカブリナン

 

最後にカリーナキッチンのカブリナンです。

+330円でナンと変更できます。

ココナッツ、ドライフルーツ、アーモンド、ナッツが入ってます。

いろんな味がアクセントになって、飽きのこない甘いカブリナン。

 

カリーナキッチンのカブリナン

 

カリーナキッチンのカブリナンの中身

 

見てわかるとおり、しっとりとした中身です。

ドライフルーツはレーズンをしっかり感じ、ナッツはローストされて香ばしい風味が楽しめます。

ハチミツ漬けにされたナッツが入っているのか、ゴリっとした食感とともに甘いハチミツがパッと広がりますね。

 

なかみは紹介したほかのカブリナンより少ないです。

ですが素材各々がしっかり際立っているので、むしろちょうどよいぐらい。

 

そしてカリーナキッチンのカブリナンは、カレーとあわせてもおいしいのがポイント。

カレーとあわせるのは、お店側でも推奨している食べ方なんですよ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

カリーナキッチン(@karina_kitchen_)がシェアした投稿

カブリナンはドライフルーツ、ナッツ、ココナッツ、アーモンドの入った甘いナンです😊
そのまま食べても美味しいですし、辛いカリーに合わせて食べるのもおすすめです。冷めても美味しいナンですので、テイクアウトでも人気の一品です。

引用:カリーナキッチンのInstagram

上記投稿の文章に書いてあるとおりです。

 

カブリナンとあわせるなら、バターチキンとサグチキンがおすすめとのこと。

今回はサグチキンと一緒に食べてみました。

 

サグ(ほうれん草)カレーのベースにある、ほんのりとした酸味がカブリナンとあいますね。

甘い・しょっぱいの王道コンビに加えて、ドライフルーツやナッツの風味が複雑にあわさって止まらないですよ、これは。

 

カレーとカブリナンってあうの??? と食わず嫌いすることなかれ。

ランチでもディナーでも、ナンからカブリナンへの変更はできるので、ぜひお試しください!

 

スポンサーリンク

まとめ:食べ比べて好きなカブリナンを見つけよう

 

まとめ

・カブリナンは、ココナッツとアーモンドの入った甘いナンのこと

・カブリナンはお店によって具材や甘さが違う

・カレーと一緒に食べるのがおすすめなお店や、デザートとして食べるのがおすすめなお店もある

 

カブリナン、といっても一言では語りつくせないぐらい、多様性のある食べ物だということがわかっていただけたかと思います。

食べれば食べるほど、ほかのお店のカブリナンが気になってしまうほどの魅力が詰まってますね。

 

もしカブリナンに興味を持ってもらえて、カブリナンがおいしいお店と出会えたなら、ぜひ教えてください。笑

私も自分の好きなカブリナンを模索中ですので!

ブログのコメント欄でもなんでもOKです。待ってます(圧力)

 

まさらダイニングのチーズナン

【新宿】まさらダイニングのチーズナンは大きくてもちもち【食レポ】

カリーナのチーズナン

【西調布】カリーナキッチンのチーズナンは超とろとろ【食レポ】

割ったグラブジャムン

インドのお菓子『グラブジャムン』は頭が痛くなる甘さ!カルダモンの風味がおいしい