チャットモンチーのハナノユメの歌詞にXジェンダーである自分が共感してしまう理由




 

チャットモンチーの『ハナノユメ』という曲の歌詞で、どんなところに共感を覚えたのか解説しようと思います

『ハナノユメ』はチャットモンチーのメジャーデビューミニアルバムの1曲目に収録されています

 

 

 

ただ普通に自分が感じたことを書いていくだけなのですが、Xジェンダー視点だからといって異彩を放つような解釈にはならないかもしれません

 

もしこんな視点で曲を聞いていなかったな、と感じたならそれはそれで楽しんでいってください

反対に似たようなことをこの人も思ってんだな、と感じてもらえたなら「Xジェンダーとかいうけど割と身近な存在かも?」と思ってもらえたら幸いです

 

いつも『ハナノユメ』を聞くたびに思い出すのは、Xジェンダーだとカミングアウトしていない高校時代の友人たちです

 

濃密な時間を共にしたからこそお互いのいいところも悪いところも知り尽くしている間柄

ゆえに今更取り繕うこともできないし、込み入った話もできる。「実はあのとき・・・」なんて会話も弾んだりしますよね

一方で、「Xジェンダーだ」ということを隠し続けてノンケ、つまり異性愛者のふりをし続けた自分

 

そんな友人と自分との間で起きた出来事を、歌詞の解釈とともにお話ししていきます

 

「もしかしてお前ってホモ?」という薄い紙の刃

 

「薄い紙で指を切って・・・」

これは『ハナノユメ』の冒頭の歌詞になります

 

薄い紙。自分にとっては恋愛に関して自身に向けられる数々の言葉がそれにあたります

なかでも特に印象に残った「薄い紙」で勝手に傷ついた経験があります

 

時は大学時代。互いの時間を合わせて、久々に高校の面々と飲み会をしたときのことです

やっぱり話題は恋愛について。時間に余裕があったり、小中学校の友人で結婚した人が現れたり、就活のためのインターンをうっすら意識し始めたり

自然と今後の人生を思い描いてしまう時期であったこともあって、恋愛の話が出てくるのはある意味必然でした

 

いま誰と付き合っている、別れた、出会いがあるかないか。その流れで自分が話題にあがりました

実際に好きな人がいなかったこともあり、ましてやいたとしても男性を好きになることが多かったこともあり、「好きな人はいないんだよね~」みたいなふうに返しました

 

そんなふうにずっと「好きな人はいない」というスタンスで恋愛系の話をかわしてきたことも災いして、「何年も好きな人がいないなんてことはさすがにありえないんじゃないの?」みたいな話にどんどんと進んでいってしまいました

(いま考えると、誰にだって好きな人はできて当然だという考えも大きな偏見だなぁとも思ってしまいますが)

そのなかでぽつりと1人がいった言葉

 

「もしかしてお前ってホモ?」

 

一瞬で全身の血の気が引きました。指先なんて痺れてきてしまって、平常を保っているのがやっとでした

それでもとっさに否定していました。なぜなら、そう言った彼は冗談めかしながら話していたからです

「あ、この人は冗談でこの言葉を発したんだ。むしろホモじゃないよね、俺らと同じ種類の人間だよねという確認のための言葉なのかな」と思ってしまったんですね

 

「もしかしていま仲良く過ごせているのは自分が異性愛者を装っているからなのかな」

「もし男も好きになるんだってカミングアウトしてしまったら、もう二度とこうして話すこともなくなっちゃうのかな」

「誰かと仲良くしたい、そんなエゴのためにいまも人をだましている」

「勝手に友人と呼んでしまうのは、おこがましすぎるよな」

ここに居場所はあるのか? 本当は1人ぼっちなんじゃないか?

座っていながら立ち眩みに似た感覚に必死に耐えながらも、いわばパニック状態のとがった心臓のまま、そんな思考がぐるぐると頭を駆け巡りました

確かにあのときは席にいた友人たちと自分の間には深すぎる溝があるように感じましたし、出口のふさがれたこの世の隅にいる感覚でした

 

この友人もまた、「もしかしてお前ってホモ?」という発言自体を「薄い紙」だと思って話していたかもしれません

まず誰かを傷つけるかもしれない言葉だ、っていう発想がなければそもそも冗談めかすように笑いながら喋ったりはしないだろうからです

 

あくまでもこの発言は、ただの薄い紙。ごく普通の日常用品

でも薄い紙がちゃんと刃になってしまう場面があることもまた、この友人は知っている

そして知っていながら敢えて冗談めかして話している

 

まあるい心臓に落ち着いたいま、そんな友人のさびしさも痛いほどわかってしまう自分もいるんですよね

 

自分に嘘を重ねるなかで気付かないうちに枯れてしまった昔の気持ち

 

「枯れてしまったピンク色のバラ・・・」のフレーズは、イントロの後とラストに出てきます

 

日々の度重なる、薄い紙による傷。さっきの「ホモ」発言は単に印象に残っているから挙げただけで、日常を見渡せば恋愛関連で地味に傷つくことはたくさんありました

そのなかでこれ以上恋愛で心が傷つかないために自分がとった行動は、気にしないように意識することでした

 

何を言われても笑ってごまかす、聞かなかったことにする・・・

反応を求められたら、自分がバカだから、性格が悪いから彼女はできないんだと自己卑下してみる・・・

 

そして友人の「ホモ」発言。久々にガツンと胸に響きました

 

ふと「いまの自分は何かに傷ついて、落ち込むことすらできなくなっているのではないか」、と気付きました

自分自身に嘘をついて沸きあがりそうになる感情をごまかすうちに、傷つきそうな感情をまるごとなかったことに過ごせつつあったのです

 

いまは心が傷つかないようになれたけれど、そのうち楽しいとか、嬉しいとかほかの感情も鈍くなってしまったら怖い

そう、怖くて仕方がなかったのです。そのときそのときに傷ついたその感情すらも、大切な自分の一部だったんだと友人の発言を通してわかりました

 

それからは自分の気持ちに素直になるように努めています

そんな自分なりの水のやり方で、既に枯れ果ててしまったかもしれない気持ちを取り戻してみたいのです

 

セクマイの悩みも普遍的なものなのかもしれない

 

なんだかんだ歌詞のすべてに共感してしまいました。それもおそらく悩みもまったく異なる人間が、です

そう考えるとXジェンダーを含む、セクシュアルマイノリティの悩みも普遍に下せるものなのかな、とさえ思えてしまいます

 

そう思うと、電車で隣に座っている方、前に座っている方とも

悩み自体はもちろんセクシュアルも違えど、根っこではおんなじような悩みで繋がっている気がして、なんだか救われた気持ちになれる。そんな歌なのです

 

自分は音楽には疎いので、詩をメインで解説してきました

ただサビのところのベースのうねり具合と歌の切迫感がいいなとか

「二本足で立つ~」のところのドラムがだんだんと力強くなっていく感じと感情のあふれ出ていく感じがいいなとか

こんなざっくばらんにしか書けないので、もっといろいろ音楽について知れていたら楽しいだろうなと思いますね 笑

 

『ハナノユメ』の作詞はくみこんこと高橋久美子さんですが、ほかの2人もとてもいい詩を書かれているのでまた解説めいたことができたらと思っています!