隣のパン屋さんから怒鳴り声が聞こえる話

パン屋さん 1人暮らし・新生活へむけて

<script>” title=”<script>


<script>

 

朝起きるとふわりと香るパンの匂い。

隣のパン屋さんから漂ってくる焼けた小麦の匂いが大好きでした。

 

寡黙でありながら接客時にははにかんだ笑顔を見せるご主人。

虫も殺せない雰囲気を醸し出す、物腰柔らかな奥さん。

活発でやんちゃざかりな幼稚園の男の子。

 

なかなか拝めない仲睦まじい家族が、そこにはありました。

味はもちろん、お店の雰囲気もすべてが好きでなんども通ったパン屋さん。

しかしこの3階建ての家は、夜になると怒鳴り声が聞こえる不思議なパン屋さんなのです。

 

スポンサーリンク

ときどき響く大きな声

 

最初に聞いたときはびっくりしました。

女性の声だったからです。

 

そよ風に飛ばされそうな、かよわい声をしているあの奥さんが・・・? と信じられなかった。

けれど怒鳴り声が響く前後に、男の子の声が聞こえることが何回もあったのです。

 

「きっと叱ってるんだろうなぁ」

 

なんとも微笑ましい理由だろうか。

店の顔と親の顔。

使い分けて当然だし、器用に使い分けられる奥さんにとっても好感がもてました。

 

当初は怒鳴り声が気になってしょうがなかったものの、聞きなれるうち次第に和やかな日常として馴染んでいきました。

会社から帰っては叱る母と、負けじと悪事を働く男の子。

「今日もよくやってるな」

そう思いながら男の子と奥さんを陰ながら応援していました。

 

 

そんなある日の夜、大きなステンレス系の音が響いたのです。

 

なにかを叩きつける音と声

 

ステンレスっぽい聞き覚えのあるなにかを叩きつける音とともに、声も大きくなっていく。

 

「今日は激しいな」

 

何をいっているのかいろいろと聞こえてしまう。

夏だったのもあって網戸だったこと、いつもより声が大きめだったこともあったから。

 

 

 

・・・売上? お金? お客???

 

パンにいたずらしちゃったのかな。

いや、でも今は業務後だぞ。

 

 

よくよく考えてみると今まで怒鳴り声は居住スペースの2,3階ではなく1階から聞こえていた。

おそらくステンレス系の音はキッチンを叩く音だろう。

そして業務時間終了から1~2時間のあいだに声は響いていた・・・

 

 

どうやら奥さんが使い分けていたのは鬼の顔だったようだ。

 

 

寡黙なご主人と、虫も殺せない雰囲気の奥さん・・・

彼らは正真正銘のプロだったのだ。

今日もここのパンはうまい。