帰省や旅行時にぬか床の手入れが面倒だったので冷蔵庫に突っ込むだけで出かけてみた




 

ぬか床を作ったはいいけれど、安易に帰省や旅行ができなくなってしまって困った! という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか

 

お出かけ前の手入れを調べてみても割と手のかかるものばかり

いっそ帰省先、旅行先に一緒にもっていってしまいたくなりますよね

 

かくいう自分もそんな面倒くさがりの1人

旅行の準備で疲れてしまったのもあって、ぬか床のお手入れまで気力を回せなくなってしまうときがありました

とはいっても身体は動かないので「ダメにしてしまったらまた作り直せばいいや」の精神で冷蔵庫に容器ごと全部突っ込むだけで出かけてしまいました

 

そんなこんなで1週間放置・3週間放置をしたことがあるのですが、結果的にはカビも異臭もなく無事でした

ですが自分のぬかの状況が良かっただけで、今後も同じように冷蔵庫に突っ込むだけだとまずいかもしれないとわかりました

 

ではどんな状況なら冷蔵庫に突っ込むだけ、という手軽な方法で大丈夫だったのか分析していきます

 

ぬか床が作りたてで水分量・塩分量が適切だった

 

ぬか床が捨て漬けまで完了して1週間後ぐらいだったので大丈夫だったのかなと思います

 

・ぬか床が新鮮だった

・まだ全然漬けていなかったのでぬか床全体の水分量が少なかった

・まだ全然漬けていなかったのでぬか床の塩分量が減っていなかった

 

これらの条件があったからこそ、冷蔵庫に突っ込むだけでよかったんだと思っています

 

なぜそう考えたかというと、ぬか床が乳酸菌優位を保てる状態だったからだと分析しています

カビなどが生じる原因はぬか床が悪玉菌優位になってしまうからです

乳酸菌が悪玉菌に負けてしまうとぬか床の腐敗が進んでしまうんです

なので悪玉菌が少なくなる、かつ育ちにくい環境であればぬか床を乳酸菌優位にできるわけなんですね

 

それらを踏まえると以下の3つの理由で、ぬか床を冷蔵庫に突っ込むだけも大丈夫だったのだと考えました

・ぬか床が作りたてで悪玉菌自体が少なかった

・ぬか床の水分量が多すぎなかったので悪玉菌が育ちにくかった

・ぬか床の塩分量が適切だったので悪玉菌が育ちにくかった

 

要は悪玉菌が少なくなるような手入れを日ごろからしていればよいというだけですね

ぬかの状況をみて適切な処理をしてお出かけしよう

 

冷蔵庫に入れる以外の対処をせずとも自分のぬか床が大丈夫だったのは、作りたてでぬか床の状態が良かったためでした

なのでどんな状態のぬか床でも冷蔵庫に入れるだけで大丈夫! というわけにはいかないと思います

 

実際に自分はやってみて大丈夫だったからよかっただけなので、冷蔵庫に入れるだけというのは正直おすすめしません 笑

ただ今回の事例を参考に、しばらくお手入れできないときには冷蔵庫に入れるだけの対処をしてみようかなと思います

 

そのときは以下の3つを注意しながら!

・毎日かき混ぜるなどの手入れを欠かさずに行い、悪玉菌を増やさない

・水分量が増えすぎたら少なくする

・塩分量が少なくなってきたら塩を足す

 

もしこの方法で試してみて、失敗したときにはまた記事を書いていこうと思います!

 

関連記事>>>ぬか床容器で琺瑯製の四角い形をおすすめする理由