経験者が語る、後悔しない家族葬にするために注意したいこと2つ




 

実際に家族葬を経験した人って、どんなことで悩んだりしたんだろう・・・

 

どうも、あらけきです

 

家族葬はいまや世間で広く聞く言葉ですが、実際に行った人がどう考えているか気になっている方も多いのではないでしょうか

家族葬にしたいけど一歩踏み切れない方へ、どんなことで悩み、実際に困ったかをお伝えしていきます

 

困ったこととしては人間関係と葬儀の段取り

 

家族葬で後悔しないためには、よりいっそうの準備が必要です

そのときに注意してもらいたいことが2つあります

 

・葬儀に呼ぶ人と呼ばない人をどう線引きするか

・葬儀場を借りる場合は家族葬を行った実績があるかどうか

 

それぞれどんな悩みがあって、どう解決したかを解説します

 

葬儀に呼ぶ人と呼ばない人をどう線引きするか

 

なんだかんだいってみなさんが一番頭を唸らせるところがこの悩みではないでしょうか

やはり亡くなった方の葬儀が終わったあとも人付き合いは続きますし、円満に人間関係を続けられるならそれに越したことはないですよね

それに葬儀にお呼びする方を選ぶのもなかなかに心苦しくもあります

 

自分たちの場合どういうふうに線引きしたかというと、近隣住民と親戚、という決め方をしました

親戚は呼んで、あとの葬儀に呼びたい近隣住民とそうでない方々をどうロジカルに線引きするかでかなり悩みました

 

そこで2つの方法を使ってうまく線引きさせようとしました

 

地元の地区の区切りを使って葬儀に呼ぶ人を選んだ

 

自分たちは地元の地区の区切りを使って、葬儀に呼ぶ呼ばないの線引きを行うことにしました

なぜかというと、その地区に入っているかどうかで選んでしまえば客観性のある論理的な理由になりえるからです

 

本当は主観的な理由から「この方に来ていただきたい」というものはありました

しかしあとで葬儀にお呼びしなかった方に説明するとき、少しでも言い逃れられる余地を残しておけるようにしたかったのです

また客観的な分け方がされていれば、あとでなぜ呼ばなかったのか問い詰めらたときに納得していただける可能性もあります

 

そうした理由もあって、少し苦しい理由ですが地区単位で区切っての葬儀を行いました

 

”死人に口なし”という強引な乗り切り方

 

亡くなった方が呼びたい参列者を決めたから、という方法もあります

 

自分たちの場合、葬儀の参列者を決めたのは亡くなった祖父でした

なので祖父は「葬儀に呼ばれなかったことについて苦言を呈されたら、全部自分のせいにしていい」と言って、実際に遺書にも誰に参列してほしいとの旨を書き残しました

 

残されて生きる遺族を想う気持ち、とてもかっこよくて素敵な祖父だといまでも思います

関連記事>>>家族葬で送られたいと言った祖父みたいに亡くなりたいと孫の自分が思った話

 

遺族としても亡くなった祖父の意思を汲み取った結果です、と言い切れます

これは葬儀に呼ばれなかった方としては辛く、悲しいことでもありますが、遺族が葬儀に呼ばなかった理由としては納得できるものだといえるでしょう

 

葬儀場を借りる場合は家族葬を行った実績があるかどうか確認しておく

 

自分たちが利用させていただいた葬儀場では、家族葬を行った実績がありませんでした

 

なので葬儀場の職員の方々も「どうしたらいいんだろう」という手探りな感覚がありました

しかしもともとやりたい葬儀の内容は固まっていたので、話し合いをしてうまくやりきることができました

 

葬儀の内容に不安がありつつ、それでも家族葬にこだわるならば葬儀場に家族葬を行った実績があるか問い合わせてみるとよいでしょう

 

一般の葬儀と比べて何をしたいのか、何をしてほしくないのかを伝えることでお互いに安心して葬儀に臨むことができます

したがって葬儀場の方々に葬儀のやり方を丸投げしてしまうのではなく、ある程度自分たちのなかでも葬儀のイメージを固めておく必要があります

きちんと準備さえしておけば納得のいく葬儀が行えるはずです

 

まだまだメジャーな葬儀でないからこそ葬儀のイメージをみんなで共有することが重要

 

家族葬という言葉が世間には広まっているとはいえ、やはりまだまだ一般的な葬儀とはいえないものです

しかもほかの葬儀と比べてみると葬儀を型にはめて行うわけでもないので、個々人のなかでも納得の行く葬儀のイメージがぶれてしまうところでもあります

家族葬のやり方には正解はなく、その正解は自分たちで作るものです

 

だからこそ遺族でもどんな葬儀にしたいかきっちり話し合う必要がありますし、できれば亡くなる方ともどんな葬儀にするか話せたらよいと思います

そこで誰もが納得のいく葬儀のイメージが固まっていれば、より後悔のない家族葬にできますし、やってよかったと思える葬儀にできます

実際に自分は家族葬でよかったと思っていますからね

 

そのためにも葬儀に呼ぶ人の線引きや、葬儀場で家族葬を行った実績があるかの確認をしてみてください

それでは良い葬儀を送れることを祈っています

 

関連記事>>>家族葬で送られたいと言った祖父みたいに亡くなりたいと孫の自分が思った話