【吉祥寺】サジロカフェのチーズナンはペロリといける軽さが最高【食レポ】

サジロカフェのチーズナン チーズナンレポート

<script>” title=”<script>


<script>

 

レトロでおしゃれな店内、とメディアにも取り上げられることの多いサジロカフェ(SajiloCafe)。

チーズナンもよくおすすめされていますよね。

 

先日ランチの機会があったので行ってきました!

右上から時計回りに、チーズナン、マトンカレー、ベジタブルカレー、チャイ、水です。

Bセットでカレーが2種類、ナンをチーズナンに変更し、チャイがついて1485円でした。

 

サジロカフェのBセット

 

いろいろなお店でチーズナンを食べてきた私も、サジロカフェのチーズナンが好きでよく行きます。

ここのチーズナンはチーズを楽しめつつも、あっさりしていてペロリと食べられてしまいます。

 

チーズナンは好きだけど胃もたれが心配・・・という方に特におすすめです。

全体的にクセがない料理が多く食べやすいので、インド・ネパール料理の経験値が少なめな方もぜひ。

 

チーズナンの食レポ、カレーやサラダの軽い解説、値段、行くときの注意点を紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

チーズがたっぷりなのにペロリと食べられるチーズナン

 

チーズナンは大きさの割にチーズがたくさん入っていて、しかも軽く食べられちゃいます。

 

チーズたっぷりなのに軽い、って実は矛盾しているようでしていません。

理由はバターがかかっていないので油負けすることがなく、胃がもたれにくい点にあります。

 

一般的なチーズナンはバターが大量にかかっているのですが、サジロカフェのチーズナンはバターがかかっていません。

写真で見てもバターでテカテカしていないのがわかると思います。

 

サジロカフェのチーズナン

 

バターを生地が吸わないのでチーズナンもカラリと焼かれた状態で、ぱりぱり・もちもち食感が楽しめちゃいます。

バクテリオファージ
バターで手がギトギトにならないのもうれしい!

 

バターがない分あっさりとした味わいです。

生地は小麦といったグルテン系のほんのりした甘さ

それとチーズのしょっぱめな味付けが止まらなくなります。

 

これらの情報からチーズナン通はお気づきかもしれませんが、生地にもチーズにも砂糖が練りこまれていません。

生地やチーズに砂糖を使ったり、ハチミツやバターをたくさんかけるチーズナンのお店って割と多いんですよ。

 

そんななか素材と技術で勝負を挑む、かなり硬派なチーズナンです。

 

そのためどんなカレーにもあうチーズナンとなっています。

甘かったりバターが多かったりするチーズナンだとカレー選びに悩みがちですが、シンプルな味わいがカレーを引き立てます。

 

チーズをしっかり楽しめつつも、お腹にもやさしく、カレーも自由に選べるチーズナンとなっています。

チーズナンは初めて食べる! という方にもおすすめしたいぐらいシンプルofシンプルなチーズナンです。

 

日替わりはお早めに!カレーはクセがなくて食べやすい

 

サジロカフェのベジタブルカレーとマトンカレー

 

カレーはマトンとベジタブルを選びました。

写真の右がマトン、左がベジタブルです。

カレー自体はスパイスっぽさがあまりなく、インド料理初心者でもクセなく食べられます。

 

マトンカレーは割とさらさらしています。

マトンはごろごろ4,5かけ入っていて、じっくり煮込まれてほろほろです。

マトン自体もクセがなく、独特のにおいが苦手な方にもすすめられる一品。

 

ベジタブルはもったりするぐらい野菜が溶け込んでいます。

固形の具材はインゲン、カリフラワー、じゃがいも、にんじん、マッシュルームなど。

どれもしっかり煮込まれて滋味深い味わいです。

かぼちゃっぽい色ですが、かぼちゃとは違った野菜のやさしい甘さが楽しめます。

 

もしカレーで辛いのがお好きな方はオーダーのときにしっかり伝えましょう。

カレーの辛さはオーダーのときに聞かれません。

なのでそのままオーダーするとかなりマイルドな辛さのカレーになります。

 

日替わりは早めに行かないと売り切れになっているかもしれません。

平日の13:30ごろに入店したところ、日替わりはすでに売り切れていました。

サジロカフェの公式Twitterでは本日の日替わりをツイートしているので、日替わりを食べたいときは早めに行きましょう。

 

サジロカフェの公式Twitterはこちら → @neelsajilo

 

スポンサーリンク

サラダはフレンチドレッシング。チャイは甘くてこっくり

 

 

サジロカフェのサラダ

 

サラダはオーダーしてすぐに届きます。

レタス、キュウリ、水菜、ニンジン、ブロッコリースプラウトが入っていました。

ドレッシングは割とオーソドックスなフレンチドレッシングでさっぱりとします。

インドカレー屋さんの赤いドレッシングが苦手な方でも安心です。

 

チャイはサラダと一緒にきます。

サジロカフェのチャイは最初から砂糖が入った状態で出してくれるんです。

割と甘めなので苦手な方は、オーダーのときに砂糖を減らせるか聞くといいと思います。

 

味は紅茶が濃く煮出されていてこっくりします。

砂糖は三温糖や黒砂糖などを使っているのか、独特のコクを感じる甘さです。

スパイスもえぐみや苦みなく、ほんのり香って一息抜けちゃいます。

 

チャイの量が少なくて残念なぐらいおいしいです。

 

サジロカフェのランチ営業時間、値段、店内の混み具合や客層など

 

サジロカフェのメニュー

 

ランチの営業時間、値段、ランチの内容は以下のとおりです。

平日 11:30~15:00
休日 11:30~15:30

Aセット 1000円
・カレー1種
・ナンorライス
・サラダ
・ドリンク(以下から1つ)
ラッシー
アイスチャイ
ホットチャイ

Bセット 1150円
・カレー2種
・ナンorライス
・サラダ
・ドリンク(以下から1つ)
ラッシー
アイスチャイ
ホットチャイ

カレー
・チキン
・マトン
・ベジタブル
・日替わり
(日替わりはTwitterか店頭でわかります)

チーズナン +200円

値段は税抜きです。

なのでBセットでチーズナンに変更すると1485円くらい。

予算としては1500円を見積もっておけば問題ありません。

 

席は4人がけのテーブル席×3、カウンター席10席です。

ラッシュ時にはカウンターの席数が増えるようで、それだけ窮屈になります。

 

並ぶ覚悟をもった服装で行こう

 

14:00過ぎまで満席が続くほど並んでいます。

なので寒い時期は防寒具を用意するといいです。

 

というのも並ぶ場所が北向きで日が当たらないから。

かなりひんやりするので風邪ひきそうになるレベルです。

 

20~40分ぐらい待つ覚悟での服装、靴でいくとちょうどいいですよ!

 

店内は混みあうし狭いけれど気にならない

 

店内もかなり混むので相席することもあります。

カウンター席はかなりぎゅうぎゅう詰め。

 

お客さん同士で気を遣いあわないと、腕が触れてしまうぐらいの距離感です。

普通はパーソナルスペースに人がいると気になるものですが、不思議と気になりません。

 

それは店員さんがわいわいと接客しているからです。

店員さんにつられてお客さんも自然と笑顔になって、いい感じの雰囲気になるんですよね。

相席したお客さんと軽くお話ししたり。他人に寛容になれる空気感に包まれます。

ちょっとぐらい狭くても気にならなくなる魔力がサジロカフェにはあるので、窮屈なのが苦手でも大丈夫です。

 

客層は10~20代の女性、カップルがメインだけどおひとりでも大丈夫

 

友達同士、カップルなどグループでの来店が多いです。

特に女性の割合が高く、いつ行っても8割ぐらいが女性なほど。

 

おひとり様はあまりいません。

カウンター席もありますが、人数の関係でテーブル席に通されることもあります。

カウンターが空けば随時店員さんからカウンター席への誘導がされたりするので、1人でも気負わず行けちゃいます。

 

スポンサーリンク

まとめ:サジロカフェはインド・ネパール料理初心者におすすめ

 

まとめ

・チーズナンはたくさんのチーズが楽しめるあっさり味

・カレー、サラダは食べやすい味つけ

・混みあうことを見越して行こう

 

チーズナンは多めのチーズと、ナン生地のうまみが楽しめるシンプルイズベストな感じ。

チーズナン初心者には手始めに食べてもらいたいチーズナンです。

バターやハチミツマシマシの甘さたっぷりチーズナンを食べ慣れている方は、新たなチーズナンのおいしさに開眼できちゃいますよ。

 

クセのある料理が少ないので、サジロカフェはインド・ネパール料理屋に行きなれない方にもおすすめです。

もちろんお好きな方でもシンプルな味が楽しめて、インド・ネパール料理をさらに好きになること間違いなし。

 

チーズナン好きだけでなく、チーズナン初心者もぜひ行ってみてください!

 

インスタではチーズナンをひたすらアップしています。

あなたのチーズナン欲を刺激できたら幸いです!

アカウントはこちら → arakeki

 

▼ 夏を待ち遠しくするために ▼

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム