理想のチーズナンを作りたい!作ってきたチーズナンレシピのまとめ

焼き上がったぬか漬け豆腐ナン チーズナン




 

私はチーズナンが好きです。

これまでに20店舗近くのチーズナンを食べ比べ、さらにおいしいチーズナンはないかと日々探すほど。

 

理想のチーズナンがないか探すも、理想に完全に当てはまるチーズナンとは出会えずにいました。

そんなある日、ふと思いついてしまったのです。

「自分で作っちゃえばいいんじゃない?」

 

・・・そうと決まれば早速作っちゃえ! ってことでチーズナン研究をスタート。

いままで料理は好きでやってきたものの、ナンを作ったこともなければパンを作ったこともありませんでした。

なので試行錯誤しつつ、理想のチーズナンを作っていこうと思います!

その試行錯誤の過程を残しておくので、みなさんも自分好みのチーズナンを作るときの参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

基本のレシピと今後の戦略

 

とりあえず参考にするレシピがなければ試行錯誤もできないので、あるレシピを参考にしました。

材料が一番シンプルなものにしてみました。

<ナン(ピザ)20〜25センチ2枚分>

・ヨーグルト 150g
(なければ水 150ml)
・オリーブオイル 大さじ2
・ドライイースト 小さじ1
※ない場合はベーキングパウダー(略してBP)小さじ2を入れても可
・ハチミツ  20g
(なければ砂糖 20g)
・塩    小さじ1/2
・強力粉  220g

参考:お料理レシピNo.1<ナン&ピザ生地>

 

選んだ理由としては、牛乳と卵が入っていないからです。

このレシピを基本に牛乳や卵を入れていくことで、材料がどう生地に影響を及ぼすのかを実際に知ってみよう! というのが狙い。

基本のレシピから足し算、引き算をしていくことで、食感がどう変わったか? 味はどう変わったか? を確かめていきます。

 

確かにこのやり方は回りくどく、食材の影響なんて調べればいいことかもしれません。

むしろおいしいチーズナンのレシピを探すほうが手っ取り早い気もします。

 

ですが食材と作り方によるレシピごとの差がわからないと、やみくもにチーズナンを作るだけになってしまう予感がしました。

少なくともレシピの材料を見ただけで仕上がりの食感や味などがイメージできるようになるまで、この方針でやっていきます。

 

 

先ほどの基本のレシピを参考に、チーズナン用のレシピにしたものが以下になります。

元のレシピからの変更点は、

・ハチミツではなく砂糖を使用

・砂糖の分量を20g → 40gに変更

・自分がやってよかったことを適宜ブラッシュアップ

って感じです。

 

味はインドカレー屋さんの甘いチーズナンを目指したいので、元のレシピから分量を変更しています。

これにバターをかける・チーズに砂糖を練りこむことをすればお店っぽくなるかなと。

このレシピから材料を足し引きして、仕上がりにどんな影響があったのか書いていきます。

 

試行錯誤したチーズナンレシピ一覧

 

1.ヨーグルトではなく水を使用したレシピ

●変更点

・ヨーグルト 150ml → 水 150ml

 

ヨーグルトではなく水を使っているので、まさにパンに近いレシピです。

お店のチーズナンと比べると、焼き上がりの生地は気泡があって厚みがありますよね。

包丁で切った画像なのですが、なんかどら焼きみたいな断面してますね・・・

ちぎってみると、柔らかいパンのように抵抗なくちぎれます。見た目どおりふわふわしています。

その分あっさりしているのでチーズの重さとの調和がとれますね。

チーズナンのチーズを楽しみたいけど胃の負担が心配・・・という方におすすめ。

 

2.卵を使用したレシピ

●変更点

・卵1個を追加

 

ヨーグルトのみのときのレシピよりも焼き上がりの生地がしっかりします。

切ったあとも生地がしぼまず、生地がしっかり立ち上がっているのがわかるでしょうか。

食感はパンに近いのですが、水に置き換えたときと比べて以下のような違いがあります。

・しっとりとしていて水分を含んでいる

・歯切れのよい食感になり、軽く食べられてしまう

 

また味についても変化があります。

全体的にコクが生まれて酸味、塩気、甘みといった味同士がまとまるんですよね。

なので上品に仕上がりますよ。

ただガツンと生地の甘酸っぱさ、甘じょっぱさを感じたいなら卵は入れなくていいような気もします。

 

あと表面が焦げやすいですね。

写真の表面もかなり火が通っています・・・

ほどよい焼き色がついたらアルミをかぶせてしまって、それ以上焼き色がつかないようにしてしまいましょう。

 

3.オイルを後入れするレシピ

●変更点

・強力粉以外の材料を最初に混ぜる

・オイルと強力粉以外の材料を混ぜ、強力粉を入れて生地をまとめてからオイルを入れる

 

●意図

・インド料理屋さんのレシピでオイルを後入れするものがあったため

→食感や味に影響があるのではないか

 

作ってみた感じ、焼き上がりはほかのチーズナンと変わりはありません。

ですが生地の感触と風味には変化がありましたね。

 

 

生地は捏ね上げた段階でオイルのべたつき感があります。

打ち粉を使わなくても生地がくっつくことはなかったくらい。

想像以上にベタベタのテカテカです。

 

風味はオリーブオイル風味になっちゃいました。

チーズナンを一口ほうばると、オリーブオイルの風味が鼻から抜けるんですよね。

オリーブオイルの風味が好きとか、お気に入りのオリーブオイルがあるとか。

そういう場合は後入れしてもいいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

変わり種のチーズナン

 

1.お金もチーズもなかったのでぬか漬けの豆腐でチーズナンを作ってみた

●変更点

・チーズ 適量 → ぬか漬けの豆腐 半丁

個人的には大好き。万人受けするかは知りません