無理してチーズナンを食べきる必要なし!お持ち帰りの醍醐味をご紹介

満腹すぎてチーズナンが食べられないうさぎ チーズナン

<script>” title=”<script>


<script>

 

みなさん、チーズナンおいしく食べられてますか?

・・・おいしいですよね。質問を変えます。

チーズナンを最後までおいしく食べられてますか?

 

最初はチーズナンの大きさ、チーズの多さでテンション上がりがちです。

でも最後の一切れとか「残したくない」という一心で口にねじこんでませんでしたか?

胃袋がきつすぎてテーブルに肘をつくぐらいフードファイトを繰り広げるも、残さない義務感だけで正気を保ってはいませんでしたか?

 

 

チーズナンのために苦しまないで!!! と思います。

せっかくおいしい食べ物なのです。どうか苦痛な記憶で塗り替えないでください。

ハリネズミ
バイキングで食べすぎて最悪の思い出になった経験ありますよね

じゃあ残さずおいしく食べる方法を探さないとなりません。

 

・・・そうです。「お持ち帰り」しちゃいましょう。

実はチーズナンは持ち帰ってレンチンして食べるだけのものではありません。

自宅だからこそできる、自分なりのトッピングを楽しむものなんです。

バクテリオファージ
君だけのチーズナンをカスタマイズしよう!

 

今回はおすすめのトッピング、食べ合わせをご紹介します!

 

スポンサーリンク

七味唐辛子といったスパイス系調味料

 

七味唐辛子といったスパイシーな調味料は合いますね。

そもそもナン自体がスパイス料理と一緒に食べることを前提に作られています。

なのでだいたいのスパイス系の調味料とマッチするんです。

 

実際、お店独自の配合のスパイス粉をふりかけたチーズナンもあるんですよね。

 

 

ソウルフードインディアというお店のチーズナンです。

生地に辛そうな粉がかかってるのがわかるかと思います。

甘い・しょっぱい・辛いが三位一体となった味わいは格別ですよ。

 

チーズナンとの相性抜群!ハチミツ

 

ハチミツは暴力的なうまさです。

かけるほどにカロリー爆弾と化すジレンマがありますが、チーズナンを食べている時点で諦めましょう。

目の前のチーズナンを一番おいしい方法で食べることだけ考えましょうね。

 

まずチーズとハチミツが合わないわけがありません。

バターとハチミツも最高のペアですよね。

そもそも小麦とハチミツは王道ですし。

それらを兼ね備えるチーズナンにハチミツをかけたら・・・?

 

もはや背徳感さえ覚えてしまう組み合わせ。

おいしくないわけがないのです。

 

確かにデフォルトでハチミツがかかっているチーズナンも少なくはないです。

ですが好きなだけかけられるのはお家での特権といえるでしょう。

追いバターをしてもいいし、砕いたクルミをふりかけても・・・

夢しか広がりませんね。

 

スポンサーリンク

お酒などのお気に入りの飲み物と一緒に

 

お酒といった飲み物とチーズナンを堪能する機会って意外と少ないと思うんですよ。

というのもお店だとチーズナンを完食することへ意識をさきがち。

満腹感を得るのをさけるために飲み物を控えることもしばしばでしょう。

 

でも自宅なら好きな飲み物とチーズナンを心ゆくまで堪能できます。

お酒の当てにのんびりつまむもよし。

炭酸飲料でジャンキーに食べるもよし。

好きなコーヒーや紅茶で、チーズナンの甘じょっぱい味とのマリアージュを楽しむもよし。

 

私はよく休日の昼間にビールとチーズナンをキメてしまいますね。

早起きして1日のやるべきことを終わらせ、11:00ぐらいから家で楽しむのが最高です。

 

無理するよりは別の日においしく食べよう

 

まとめ

・自宅だからできるチーズナンの食べ方がある

・自分の好きなトッピングで楽しもう

→一応おすすめは、スパイス調味料、ハチミツ

・お気に入りの飲み物と一緒に食べてみよう

 

苦しんでチーズナンを食べるぐらいなら、持ち帰っていろいろ楽しもう! という提案でした。

 

もちろんレンチンするだけでも十分おいしいので、無理にトッピングしなくても大丈夫。

お持ち帰りするデメリットもナンのカリカリ感が消えちゃうことぐらいなので・・・

 

最後の一口まで、おいしくチーズナンが食べられればと思います!

 

インスタではチーズナンをひたすらアップしています。

あなたのチーズナン欲を刺激できたら幸いです!

アカウントはこちら → arakeki

 

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム



 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

チーズナン好きが高じて、ついにはインドカレー屋さんで働きだしてしまった25歳。 自宅浪人をしたり、100時間近い残業をしたり、食費月6000円以下の無職時代を生きたり、Xジェンダーとして悩みを抱え続けたり。 ヘンテコに生きた人生だからこそ、書けるものがあると思ってブログを始めました。 実際に自分が困ったこと・あったらいいなと思った記事を書いてます。 ■コンテンツ:ブラック体験記/無職・失業保険/ぬか床/チーズナン/ラジエントヒーター/短歌/Xジェンダー/インド料理転職記・バイト日記、など。