レシピ通りに作ってもナン生地がべたつく?水分と温度が重要

<script>” title=”<script>


<script>

 

レシピ通りに作ってるのに、生地がべたついてうまく作れない・・・。

 

チーズナン作りにおいては、こねるときの手際や、なによりチーズの包みやすさに影響します。

せっかくチーズを包めても、べたつきのせいで生地が破れてしまっては、悲しい仕上がりになってしまいます。

 

・ヨーグルトの乳清が多い

・キンキンに冷えた牛乳や水、ヨーグルトを使っている

・湿度や手の温度が高い

 

だいたいこれらが理由になってきます。

スポンサーリンク

ヨーグルトの乳清が多いとべたつく

 

ヨーグルトの乳清が多いと、生地がべたつきやすいです。

べたつきを抑えるには、ヨーグルトを生地に混ぜる前に、乳清とヨーグルトを均一にかき混ぜておく必要があります。

 

たとえばヨーグルトを150g入れるときにも、乳清の割合がどれだけ高いかで、生地中の水分量は大きく変わってきます。

そもそも生地は水分量が多くなるほど、べたつきやすくなります。

これはイメージしやすい、というか当たり前だと思うかもしれません。

 

それと同じことで、あらかじめ乳清を混ぜておいたヨーグルトを使わないと、レシピ開発者の考えるヨーグルト150gの水分量からかけ離れてしまうのです。

 

ナンの生地にヨーグルトを使うことは多くあります。

しっかり混ぜたヨーグルトを使いましょう。

 

キンキンに冷えた液体をつかうとべたつく

 

冷蔵庫から出したての水、牛乳、卵、ヨーグルトを使うと、生地がべたつきやすいです。

室温に戻しておくか、レンジでぬるま湯ぐらいの温度に加熱しておくとべたつかず、チーズナン作りが捗ります。

 

というのも低温だと、小麦粉に含まれる成分が思うように働かず、グルテンがなかなか形成できません。

その結果、生地がまとまらず、ベタベタと手や台に生地がくっついてしまうのですね。

反対にお風呂の温度以上に加熱しすぎると、またべたつく原因になってしまうので注意です。

 

温度調節は面倒ですが、横着せずレシピ通りに作ってみてください。

もしレシピに温度調節をすることが書かれていない場合は、室温のものを使っておくのが無難だと思います。

 

スポンサーリンク

湿度や手の温度が高いとべたつく

 

湿度が高いと、粉が空気中の水分を吸収してしまい、べたつく原因となります。

または手の温度が高い方は、比較的生地がべたつく傾向にありますね。

 

とはいっても生地づくりに強く影響するほどでもないので、最初から気にする必要はありません。

 

・ヨーグルトの乳清をしっかりかき混ぜて使う

・液体の温度を室温からぬるま湯ぐらいにする

これらを徹底したうえで、それでもべたつくときに気にしてみてください。

 

気候や体温にあわせて、生地に入れる粉や水分を増やしたり、減らしたりして調節しましょう。

 

まとめ:水分や温度はべたつきと大きく関係している

 

生地がべたついてうまく作れないときは、材料の水分量や温度を疑ってみてください。

 

特にヨーグルトは乳清を混ぜないと、作り手によって水分量が様変わりしてしまいます。

生地にヨーグルトを使うことの多い、ナンだからこその悩みかもしれませんね。

 

温度は高すぎても低すぎても、生地がべたつきます。

レンジを使うときは慎重に、様子を見て加熱しましょう。

あっという間にアツアツになってしまうので。

 

 

 

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム



 

チーズナン作りのコツ・Q&Aまとめ

チーズナンの断面

【牛乳・卵なし】あまりこねない!ヨーグルトを使うチーズナンのレシピ

チーズが流れ出ている画像

チーズをとろとろに溢れさせたいときに確認したい3つのこと