べたついた生地は粉をはたきすぎずサラダ油を使うべし

粉をはたいた生地 手作りチーズナン

<script>” title=”<script>


<script>

 

 

チーズを包む段階で生地がべたつきすぎると、手にくっついて生地が破れる場合があります。

いくらまとめあげようとしても、生地がべちゃべちゃしているときに参考にしてください。

 

スポンサーリンク

打ち粉を試してダメだったら香りのない油を使おう

 

まずは打ち粉を軽くして、チーズを包んでみましょう。

それでも生地がべたついてしまうときは、サラダ油などの香りの少ない油を使います。

手にくっついて生地が破けることを防ぎつつ、生地にコクを足せるので。

オリーブオイルなどの香りのある油だと、チーズナンが油の香りの風味になってしまいます。

 

「べたつかなくなるまで打ち粉すればいいんじゃない?」と思うかもしれません。

ですが生地の表面に粉がたくさん残るぐらい打ち粉すると、見映えと食感を悪くしてしまいます。

具体的には表面が焦げやすくなり、口当たりが粉っぽくなりますね。

 

せっかくなら油で生地のべたつきを抑えましょう。

 

打ち粉をしすぎた生地と仕上がりの写真

 

実際に焼く前と後の写真を見てみます。

こちらの生地ぐらいの打ち粉は過剰です。

粉をはたいた生地 粉をはたいて焼いたチーズナン

焼いた後の表面が、かなり乾いて粉っぽくなっています。

バターを塗っても、表面の粉感は割と気になりますね。

 

チーズナン作りのコツ・Q&Aまとめ

チーズナンの断面

【牛乳・卵なし】あまりこねない!ヨーグルトを使うチーズナンのレシピ

チーズが流れ出ている画像

チーズをとろとろに溢れさせたいときに確認したい3つのこと