【オーブン・グリル】高温でふわもちに!手作りチーズナンのレシピ

グリルでの仕上がり 手作りチーズナン

<script>” title=”<script>


<script>

 

なんとか家庭でも、ふわふわもちもちの食感を再現できないか。

試行錯誤を重ねてできあがったレシピです。

正直、完全再現はできていません。

(というか、タンドール窯がなければ完全再現は不可能に近いのでは。)

 

ぜひ短時間・高火力で調理できる、オーブンかグリルで手作りチーズナンしてみてください。

グリルは両面焼きができるタイプのレシピです。

 

もしお時間いただけるのであれば、以下の記事を読んでおくと失敗しにくいと思います。

チーズナン作りのコツ・Q&Aまとめ

2020年5月16日

 

スポンサーリンク

材料とレシピ

 

材料(3人分)

A ———————————
・強力粉 250g
・砂糖 30g
・塩 小さじ1/2
————————————–
B ———————————
・砂糖 小さじ1/2
・ドライイースト 小さじ1
————————————–
・ヨーグルト 150g
・卵 1個
・サラダ油 大さじ2
・チーズ 適量

・打ち粉用の強力粉 適量
・サラダ油 少々
・バター 少々

 

1. ドライイーストを発酵させる

 

ヨーグルトを40℃に加熱します。

Bをヨーグルトに混ぜ溶かし、10分置いておきます。

ドライイーストが泡立ってくるのが目安。

ここでしっかり発酵を促してあげると、生地がふわふわになってくれます。

 

2. 材料を混ぜあわせて、ひとまとめにする

 

ボウルにAを入れて、ざっと混ぜます。

卵 → サラダ油 → 1 の順でAと混ぜていきます。

 

卵はボウルのなかで溶きほぐすイメージで。

どの材料も均一に混ざったら、その都度次の材料を入れていきます。

粉を混ぜた
卵を混ぜる
卵を混ぜた
サラダ油を混ぜる
サラダ油を混ぜた
ヨーグルトを混ぜる

写真のように生地がまとまったら、いったんおしまい。

生地をまとめた

これからこねるので、ざっと混ざっていればOK。

 

3. 打ち粉をして生地をのばす

 

こねる用の台を用意します。

台に打ち粉をし、2の表面に軽くまぶすことで、生地をこねやすくします。

台に軽くくっつくぐらいが理想です。

 

今度は生地をのばしていくのですが、以下の工程を繰り返し行います。

 

1. 生地の両端をつまみ、台の奥側へ打ちつける

2. 台にくっついたら手前側に引っ張って、生地がちぎれる前にひとつにまとめる

3. 向きを90℃変える

 

ここまでの流れを、まとまってよくのびるようになるまで繰り返します。

始めは生地ののびも悪いですが、やっていくうちにどんどんのびていきますよ。

台にくっつけた生地が離れやすくなって、手から簡単に生地が離れるようになってきたらこねおわり。

生地のこねおわり

滑らかな生地になっているはずです。

 

4. 一次発酵させる

 

ボウルに生地を入れて、生地の表面にサラダ油を塗り、ラップをかけます。

小さじ1よりちょっと少ないぐらい。

乾燥を防ぐためですね。

油を塗ってラップをした

オーブンの発酵機能で30℃、30分にセットして発酵させます。

発酵機能がなければ室温で発酵させましょう。

夏は室温でも30~40分。 冬は1時間ぐらいです。

一次発酵後

 

5. 二次発酵させる/オーブンを予熱しておく

 

一次発酵させた生地を3等分し、それぞれ丸めます。

3等分して丸く成形

濡れ布巾をかけ、暖かいところで15分休ませます。

発酵後のレンジにいつも放置しています。

二次発酵後

 

5-1. オーブンを250℃で予熱する(オーブンのみ)

 

二次発酵がおわったら、オーブンを250℃で予熱しておきます。

チーズを生地で包んだら、すぐ焼けるようにするためです。

 

6. チーズを生地で包み、成形する

 

生地をめん棒でのばします。

台にくっつくようであれば、打ち粉をしておきましょう。

のばしすぎると後がやりにくいので、手よりも一回り大きいぐらいのサイズまでで。

生地をのばす

 

均一にのばせたら、窪ませた手のひらにのせます。

チーズを好きなだけ入れてください。

チーズを包む

入れたら生地の端と端をくっつけるように、口をとじます。

生地の口を閉じた

 

口をとじたほうが下になるようにして、もう一度生地をめん棒でのばします。

生地をのばした

あまりのばしすぎると、生地が破けてチーズが出てしまうので、様子を見ながら。

 

7-1. 250℃で4分30秒焼く(オーブン)

 

5で予熱しておいたオーブンで、250℃4分30秒で焼いていきます。

焼き色をしっかり見ながら、焦がさないように注意します。

焼き色があまりつかなかったら追加で数秒焼き、焦げそうだったら早めに止めましょう。

オーブンで焼く

部分的にぷくぷくしてきたら、焼きあがりが近いです。

オーブンで焼きおわり

焼きあがりました。バターを塗りましょう。

オーブンでの焼きあがり オーブンでの仕上がり オーブンでの仕上がりの断面

オーブンだとさっくりふわふわな、パンに近い食感になりますね。

 

7-2. 3分予熱して最大火力で3分焼く(グリル)

 

グリルの網にサラダ油を塗ります。

グリルの火力を最大にして、3分予熱します。

 

生地を素早く網の中央にのせて、3分間じっくり焼きます。

中央からずれると、焼き色のつき方が偏るので注意。

両面焼きできないグリルなら、途中でひっくり返しながら焼いてください。

 

どちらにせよ表面が焦げないように見守りながら、様子を見て焼き時間を変えましょう。

焼き色がつかなかったらもう数秒焼いて、焼き色がつきすぎそうだったら早めに引き上げます。

膨らんできたら焼きあがりが近いです。

 

いい焼き色がついたらバターを塗って、切り分けましょう。

趣向をかえてお皿ののせ方も変えてみました。

グリルでの仕上がり

 

 

 

 

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム



チーズナンの断面

【牛乳・卵なし】あまりこねない!ヨーグルトを使うチーズナンのレシピ

2019年9月21日
チーズが流れ出ている画像

チーズをとろとろに溢れさせたいときに確認したい3つのこと

2020年4月28日

チーズナンを手作りするのに便利な調理器具は7種

2020年4月19日
ペラペラな断面

【比較】生地はのばしすぎても映えないペラペラな仕上がりに

2020年4月29日