【都内】チョコレートチーズナンは悪魔の食べ物!独特の甘じょっぱさがたまらん

サラムナマステのチョコレートチーズナン イロモノチーズナン

<script>” title=”<script>


<script>

 

チョコレートチーズナンって食べたことありますか?

インド・ネパール料理屋さんでもめったにお目にかかれないメニューなので、馴染みのない方も多いはずです。

 

最大の疑問はこうでしょう。

「チョコとチーズってあうの? 料理で遊んじゃったのかな?」

まぁ飛び道具的な、面白料理の1つぐらいにしか思えないかもしれませんね。

 

ですがあえていわせてください。

チョコレートとチーズ、そしてナンは最高の組み合わせであると。

 

チョコレートの甘み、チーズとバターの塩気、ナンのもちもち感・・・。

よくしょっぱいものと甘いものを交互に食べると、どっちも進んでしまって止まらなくなるじゃないですか。

その魔のサイクルが、チョコレートチーズナンという1品で完結してしまうのです。

 

なのでデザートポジションかと思いきや、チョコレートチーズナン単体だけでもご飯になるぐらい、味のバランスが良くて完成度が高いんですよね。

別に甘いだけならチョコレートじゃなくて、ハチミツでもよくない? と考えるのは尚早。

 

チョコレートのカカオの香ばしさがあるからこそ、カレーと一緒でもおいしく食べられちゃいます。

カレーのコクを深く感じたり、チョコの甘みでスパイスが引き立ったりと、相乗的なうまさが楽しめるのがポイントです。

 

そのままでも、カレーにつけてもおいしい。

今回はそんなチョコレートチーズナンを、都内で楽しめるお店のご紹介です。

一度食べると、なぜか忘れられない。

チョコレートチーズナン独特の魅力に取りつかれちゃってください!

 

スポンサーリンク

新高円寺『サラムナマステ』のチョコレートチーズナン

サラムナマステのチョコレートチーズナン

 

クセのある店員さんで有名な『サラムナマステ』のチョコレートチーズナンです。

他店では見かけないメニューが多いな、と感じます。

 

チョコソースをこれでもか! と使っています。

なんか即効で鼻血が出そうになるチョコソースってありますよね?

あれとは違って、落ち着いた甘みのチョコです。

 

席に運ばれた瞬間、クレープのような甘い香りが。

食べてみると、チーズナンの塩気とチョコの甘みが本当に合うんです。

 

全体にチョコがしみてテロテロになったナンと、端まで入ったとろとろチーズの食感がたまりません。

手が止まらなかったですね。

 

甘いのがさほど得意ではない友人と一緒に食べたのですが、その友人も「おいしい!」と唸るほど。

見た目ほど甘くはなく、しょっぱさとの調和がとれているチョコレートチーズナンです。

 

南千住『フルバリ』のチョコレートチーズナン

フルバリのチョコレートチーズナン

 

南千住近辺に4店舗を構えている『フルバリ』のチョコレートチーズナンです。

 

こちらのチョコレートチーズナンは、チョコが中に入っているタイプ。

チョコの入り具合にムラがあるところが、おいしいポイントだと感じます。

 

というのもグラデーションのごとく、1口に入るチョコとチーズの割合が変わるので、当然味も1口1口違ってきますよね。

そのため食べたい味の部分を、自分で調節しながら楽しめるのです。

 

チョコだらけだとどんな味なんだろう?

普通のチーズナンとしてはこんな味なんだ。

どのチョコの割合が、カレーとあわせたとき一番おいしく感じるかな~。

・・・みたいに。

 

単品でも頼めますし、メニューにはないのですが、セットでは+250円でナンから変更もできました。

カレーと一緒に頼みやすいので、ぜひ一緒に食べてもらいたい!

ランチでもチョコレートチーズナンが食べられるかは定かではないため、確実に食べたいならディナーがおすすめです。

 

スポンサーリンク

チョコレートチーズナンを食べたいなら下調べをしっかりしよう

 

冒頭でもお話ししたとおり、チョコレートチーズナンを出してくれるお店は少ないです。

都内でも手で数えるほどしか、チョコレートチーズナンをメニューにしていないのでは。

おそらく行き当たりばったりでお店をめぐっても、ありつくのは難しいと思います。

 

当記事を参考にするもよし、Twitterやインスタで調べるのもよし。

一度食べたら病みつきになる、悪魔の食べ物と出会えるよう健闘を祈ってます。